『となりのトトロ』『ハウルの動く城』製作陣が贈る、10年分のフランソア「スローブレッド」CM集大成動画が公開
クランクイン!

 『となりのトトロ』など数々のジブリ映画で作画監督を務めた佐藤好春と、『ハウルの動く城』の作画監督である山下明彦らが10年にわたり描き続けた欧風パンシリーズ「スローブレッド」(株式会社フランソワ)CMの10周年を記念し、物語の集大成として制作されたWeb限定動画『カシスとアルルの物語』とCM『スローブレッド「新しい物語』篇」映像が公開された。

【関連】欧風パンシリーズ「スローブレッド」10年分のCM集大成動画フォトギャラリー

 作品の舞台となるのは、フランス南部の田舎町。母のパン屋を手伝い天然酵母によるこだわりパン職人を目指し修行に出る主人公の少女・カシスと、金髪の青年・アルルを中心とした物語で、「世の中の最先端は、自然と人のココロ。」をテーマに10年にわたり描かれ続けた。

 本作は、世界名作劇場『ロミオの青い城』、ジブリ映画の『となりのトトロ』や『おもひでぽろぽろ』など数々の名作を手がけた佐藤好春、『ハウルの動く城』の作画監督を務めた山下明彦ら、日本アニメ界屈指の豪華な制作陣によるのもみどころ。

 Web限定動画は、現地取材を敢行したというプロバンス地方の美しい街並みの中でお母さんのパン屋を手伝うカシスからスタート。パンをカゴに入れて田園風景を行く姿や、アルルと出会い幸せそうに会話する姿も描写。やがて物語は進み、カシスもすっかり大人の女性に。住み慣れた想い出の街に別れを告げ、新たな修行の場となる、パリのパン屋「オルヴァン」へ向かうまでが描かれている。

 さらに、公開された30秒のCM動画ではその後の2人が描かれ、パン職人として独立することになったカシスと再会したアルルが夫婦となり、多くの人びとに祝福されながら新たな誓いと共に歩み出す二人の姿を垣間見える。

全文を表示