ゴゴ通信

ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・韓国人が京都の店に入ろうとすると暴言をはかれる
・実はこの男性は過去に問題行動をおこしていた
・韓国のサイトでも批判コメント

4月下旬、韓国の自称俳優が京都で生放送(アフリカtv)をしながら観光。とある店をみつけ、入ろうとしたときにトラブルは起きた件を紹介した。
韓国人のミンソンは「ここは居酒屋ですか?」と中に居た人に尋ねると「違いますと言われ、「それでは食堂ですか?」と再び尋ねると店内の客が「ファッキン・コリアン」と罵声を浴びせられた。

この暴言そのものは良くないことだが、実はこの男性は過去に問題行動を起こしていたことが判明。

・韓国サイトの声

日本の声ではなく、あえて韓国の声を拾ってこの男性はどのように思われているのか見てみたい。
・このBJ(※1)にもちょっと問題がある。日本人女性にいきなり声をかけたりと通行人は不快でしかない。
・こいつが日本の旅行紹介? 女ナンパを旅行紹介なんてwwww
・公共の場所でカメラをつきつけて、日本女性を品定め。

などなど韓国NAVERニュースのコメント欄には100を超えるコメントが付けられている。韓国人からも非難されるこのミンソンという男性。

「ファッキン・コリアン」という暴言と過去のナンパに因果関係が無いにしろ、こういう行動を取ってきたツケと思った方が良いだろう。そして自身を被害者と見せたいがために「日本の旅行紹介」と偽っていたのも事実だ。

関連:韓国人が京都の店に入ろうとすると突然「ファッキン・コリアン」と暴言 もちろん批判殺到

※1 BJとはアフリカTVという生放送配信サイトの配信者の呼び名で「ブロードキャスティング・ジョッキー」の略。

この人は日本が好きで、いつも日本を観光しながら動画を配信してる韓国の俳優さん。
映像は先月末の京都で撮られたもので、いきなりヘラヘラした日本の酔っ払いから「ファッキン・コリアン」「ゴーアウト」と浴びせられている。 pic.twitter.com/uu4N8iBCVu

— ブルドッグ (@Bulldog_noh8) 2017年5月1日

全文を表示