歴代ジャンプで最も「画力が高い」作家といえば? 3位井上雄彦
gooランキング

漫画作品の一番わかりやすいバロメーター「画力」、作品の方向性によって基準などは異なるでしょうが、素人が見てもわかりやすい漫画家の「力」ですね。
某巨大掲示板でも議論が尽きない話題であり、各漫画家や作品を挙げて殴り合いのような言い合いが日々行われている程、奥の深いものでもあります。

そこで今回は「歴代ジャンプで最も画力が高い作家」をアンケート、ランキングにしてみました。
ジャンプ最強の画力の持ち主は、一体誰だったのでしょうか?

1位 小畑健
2位 鳥山明
3位 井上雄彦
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「小畑健」!

週刊連載とは思えない緻密でリアリティのある画風で有名な、「小畑健」が堂々の1位に輝きました。
背景の書き込みにはキャラクター達の存在感を際立たせるようなリアリティがあり、キャラクターの描写も立体的で週刊連載の常識を超えた表現を見せつけていました。
代表作『DEATH NOTE』連載中に出されたアシスタント募集には、「かなり厳しい職場」「経験者優遇」という他作品の要項がワザと避けてるであろう表現が使われており、その環境の厳しさを物語っています。

2位は「鳥山明」!

デフォルメや独特なメカニカル表現で多くの子供の心を掴み続けている、「鳥山明」が2位を獲得しました。
代表作である『ドラゴンボール』では「ギャグ」「戦闘」「シリアス」を描き分け表現したり、個性豊かなキャラクターデザインやスチームパンク的な機械表現をしたりなど、一般的な漫画家とは一線を画すセンスを感じさせますね。

3位は「井上雄彦」!

躍動感のある表現とリアリティのある書き込みが有名な、「井上雄彦」が3位にランク・インしました。
代表作『SLAM DUNK』ではまるで動画を切り出したような動きのあるキャラクター、リアリティのある表情表現などで多くの感動的なシーンを生み出しました。

いかがでしたか?
「画力」と一口に言っても様々で、各部門によって上位の漫画家は大きく変動する気がしますが、総合的に見ると「小畑健」が一般的に一番画力が高いと思われているようですね。

今回は「歴代ジャンプで最も画力が高い作家ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜43位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:4,609票
調査期間:2017年03月18日~2017年04月01日
全文を表示