11歳の少年が中古の『Grand Theft Auto V』から覚せい剤を発見
Game*Spark



【大きい画像を見る】11歳の少年が中古の『Grand Theft Auto V』から覚せい剤を発見

全世界でヒットした人気アクションゲーム『Grand Theft Auto V(グランド・セフト・オートV)』。本作では様々な犯罪が描かれていますが、中古のゲームパッケージから覚せい剤が発見されたというニュースが海外で伝えられています。

発見したのはフロリダに住む11歳の少年。週末にGameStopで『Grand Theft Auto V』の中古を購入し、自宅に帰ってゲームをインストール中にマニュアルを見ていたところ、白い粉末が入った謎の小袋が挟まっていたとのこと。少年の母親はすぐに警察に通報し、後の調べで覚せい剤のメタンフェタミンであることが判明しました。

ガズデン郡警察の報告
どうやら以前の持ち主がゲームパッケージに隠したことを忘れたまま売ってしまい、さらにGameStopもチェックが甘かったのかそのまま買い取って販売してしまったようです。

少年の母親は、もし彼が小袋のことをすぐに伝えなかったり、代わりに3歳の娘が見つけていたりしたら最悪の事態になっていたかもしれないと語っています。なお、GameStopでは過去にも販売された中古ゲームからメタンフェタミン入りの小袋が見つかっており、チェック体制の強化が望まれます。【ほかの画像を見る】11歳の少年が中古の『Grand Theft Auto V』から覚せい剤を発見

全文を表示