夜勤中の仮眠や休憩が労働時間とみなされなかったなどとして、流通大手イオンの関連会社で警備業「イオンディライトセキュリティ」(大阪市)に対し、千葉市の男性社員(52)が未払い賃金など約690万円を求めた訴訟の判決で、千葉地裁は17日、仮眠や休憩を労働時間と認め、同社に約170万円の支払いを命じた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

全文を表示