仙台市立中学2年の男子生徒が4月26日に飛び降り自殺した問題で、同じ学校の教員2人が生徒に体罰を加えていたことが分かった。市教育委員会が19日、市議会に報告した。昨年1月ごろ、授業中に生徒の口にガムテープを貼ったほか、自殺前日の25日に授業中に生徒の頭をたたくなど、少なくとも2回の体罰を確認した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

全文を表示