不朽の児童文学を実写化した『ハイジ アルプスの物語』が8月下旬に公開!
Movie Walker

世界で60もの言語に翻訳され5000万部以上発行されている児童文学「アルプスの少女ハイジ」。その新たな実写映画『ハイジ アルプスの物語』が8月下旬に日本で公開されることが決定! 『ヒトラー 最期の12日間』のヒトラー役で知られる名優ブルーノ・ガンツがアルムおんじに扮したビジュアルが解禁された。

【写真を見る】クララお嬢様と友情を育むハイジ

日本では1974年に放送されたアニメ版「アルプスの少女ハイジ」がお茶の間に大きな感動を与え、90年代以降は劇中のキャラクターが繰り返しテレビCMに起用されるなど、まさに“国民的アニメ”として長年愛されてきた物語。そんな不朽の名作が、ハイジを生んだ国スイスのクリエイター達によって実写映画化される。

ハイジを演じるのは500人の候補の中から選ばれた女の子アヌーク・シュテフェン。彼女を見守るアルムおんじを、スイス・チューリッヒ出身のガンツが演じる。『ヒトラー 最期の12日間』での怪演が動画サイトで“総統閣下シリーズ”として話題を呼んだ世界的名優が、気難しくも優しいおんじをどのように演じているのか楽しみである。

日本での公開決定とともに解禁となった場面写真では、穏やかな笑顔を見せるハイジとアルムおんじや、ハイジと固い友情を結ぶクララお嬢様、ヤギ使いのペーターと思われるおなじみのキャラクターの姿も確認できる。

この“21世紀版ハイジ”のメガホンを取ったのはスイス人監督のアラン・グスポーナー。子供の頃にハイジの物語は、70年代のテレビ版、50年代のモノクロ版、そして日本のアニメ版と3作品を鑑賞していたという。

映画化に際して「監督のオファーを受けて、まず僕はヨハンナ・シュピリの小説を再読したところ、いろんな問題が詰め込まれたすごくパワーのある社会派ドラマに、すごく引き込まれたんだ。作品の根底には“抑圧からの解放”と“自分の居場所を見つける”というテーマがあることに気づいた。これにはワクワクさせられるし、いつの時代にも通じるとても根源的なテーマだ」と語っている。

キャラクターたちが織りなす物語もさることながら、スイスの雄大な大地も見どころの本作。実写で描かれるハイジが日本の映画ファンにどんな感動を与えてくれるのか、公開を楽しみに待ちたい!【トライワークス】

全文を表示