みなさん、家事は好きですか?

“激安”「ロボット掃除機&コードレス掃除機」本当に使えるの? ママ目線で実力をチェックしてみた

全部嫌い!という人もいれば、料理は好きだけど掃除はしたくない……とか、洗濯するのは好きだけど洗濯物をたたむのが苦手……とか、部分的に苦手意識がある人も多いかと思います。

家事全般が好き、得意という人は少ないのではないでしょうか。

でも、家事はどんなに最小限にしても毎日何かしら発生するもの。気持ちよく日々を過ごすためにも、毎日の家事は欠かせません。

必ずやらなければいけないものなら、どうせなら効率よく、苦とも思わずにやりたいですよね。

そんなときヒントになる本が、主婦のおさよさんが家事のテクニックをインスタグラムで公開して人気となり書籍化した『おさよさんの無理なくつづく家事ぐせ』。

今回は、著者のおさよさんにインタビュー! 自分なりの「家事ぐせ」を生み出すコツや、毎日の家事への向き合い方を伺いました。

家事ぐせはどうやって作っていったのか?

――もともと家事は好きだったのですか?

おさよさん:嫌いではないのですが、家事が好き!と言えるほどではありません。

――この本で紹介しているようなテクニックを習得する前もしくは習得していく中での家事の失敗談などあれば教えてください。

おさよさん:お掃除は自分がやってみて気持ちいいなぁ、と感じたやり方を続けていきたいと思っていますが、感じ方は人それぞれですが、私はちょっと手間暇がかかると感じて億劫になり、続かなかった事も多々あります。

例えば拭き掃除は重曹水を使えばわざわざ電解水を買う手間がなくなるのですが、二度拭き要らずの電解水の方が私は楽だったり。

――家事を効率的に行う技術を自ら編み出していくコツなどあれば教えてください。

おさよさん:お掃除は一冊だけ参考にしている書籍があります。家の中も外も、重曹やクエン酸など、手に入りやすく子どもにも安全なものを使いまわしてお掃除されています。

自然派のお掃除は手間暇かかるイメージで、購入後すぐは出来ませんでしたが、専用の洗剤をあれこれ在庫していたので、子どもも生まれて、やっぱり暮らしに取り入れていきたいと思いました。

子育てで忙しい中でも、汚れの種類を知って、なるべく簡単に安全に落とし方のコツを身に付けていった感じです。

収納ははっきり言って、大の苦手です。物も以前はとても多くて、何故かクローゼットを開けるとため息が出ていました。

人にも物にも発しているエネルギーのようなものってあると思います。要らない物、多すぎる物のエネルギーに埋もれて、疲れていたような気がします。

そんな自分でも、2人目の出産を機に一念発起。今自分達に本当に必要な物に囲まれ、収納を整え、暮らしはすごく楽です。

私の家を取材して頂いた番組を観たよく我が家で遊ぶママ友達に「テレビで観てる人たちはきっとこの日の為に片付けたと思ってるだろうけど、本気でいつも片付いてるよと教えたい」と言われるようになりました。来客で慌てる事が今なくなりました。

家事のモチベーションは?

家事へのモチベーションの保ち方は

――洗濯や料理は基本毎日やる家事ですが、掃除や布団干し、布巾を新しいものに替えるタイミングなど、ご家庭によって頻度が違うこともあると思います。おさよさんのうちでは、こういった掃除などの頻度はどのような基準で決めていますか?

おさよさん:「決める」「ルール」と聞くと、億劫な響きですよね。

でも、「自分達の生活について気持ちいいルール」を決めていない事の方が、実は家事が億劫になるきっかけになりかねません。

例えば「気づいたら布団の湿気がすごくて、どうしていいかわからない。買い替えるしかないかも」「お風呂場は臭うんだけど、とりあえず今日は我慢。どうしていいかわからない」「気付いたら歯ブラシが古くてきちんと磨けてる気がしない。そう言えば歯ブラシの在庫無かったから、もう夜だし買いに行くのも面倒、今日はこれで我慢して磨くか…」等、ありませんか?

ひとつひとつ頭を使って考えたり、悩んだり、そして我慢する作業が家事において一番疲れると思います。その結果が見て見ぬふりです。

だから最初だけこの面倒な気持ちに立ち止まって向き合います。気持ちよく暮らせるルールを決めて、頭を使わずに動けるようにしておくと、ずっと楽で暮らしは心地よくなると思います。

――掃除や収納をきちんとされているだけではなく、インテリアも統一感がある感じがします。インテリアにはどのようにこだわっていますか?

おさよさん:ナチュラルな雰囲気が好きな私と、白い物が好きな夫の好みでまとめていると思います。

木目やカゴ、作家ものの陶器等、私は昔から好きですが、夫は白い小物、シンプルなインテリアが好きです。一緒に暮らすと私も白やシンプルなデザインの魅力に魅了されるようになったなと思います。

夫も私の好きな陶器市などには付き合ってくれて、一緒に選んで食卓で楽しんでいます。

――料理もかなり効率よくいろいろなおかずを作っていてスゴイなと思うんですが、毎日の料理を飽きずにうまく回すポイントはありますか。

おさよさん:一週間まとめ買いなので、一週間で冷蔵室と野菜室を美味しく食べきろう!がテーマです。

食は家族を守るための最も重要な家事ですが、私は料理は好きだけど、決して上手、手際が良いとは言えません。無理ない自分でもできる範囲でやっていこうと思っています。

レシピはたまにする外食が良い刺激です。どんな味付け?これは家にある物でもっと安く作れないかな……等々想像しながらまた明日からの炊事を頑張る糧になる時間です。

――家事をする上でのモチベーションはどういったところでしょうか。

おさよさん:私の場合ですが、主人もあまり家事に興味はなく、ママ友達ともそこまで家事の内容は話題にならないので、インスタグラムで励まされる事が多いです。

同じような、お子さんが2人居て、お仕事をしている方が、暮らしの一コマを一枚の写真に収め、その思いなどコメントにそう長くない文字で綴られています。投稿も簡単で、シンプルです。洗濯機の写真を撮って、「今日は洗濯槽の掃除をしました。」……そんな一見地味な投稿でも、私たち主婦から見たら、「私も今日やっておくか!」と思えるきっかけになったり、私も頑張ろうと励まされたりしています。

家事ぐせをつけるコツ

子どもたちには日々の暮らしを見せる

――体調が悪いとか気持ちが振るわないなどで、毎日きちんと家事ができないこともあると思います。そういうときは、どんなふうに挽回していますか?

おさよさん:そんな日は最低限のことを出来たらおしまい。休む。寝る。に限ります。

日頃ちょっとずつ積み重ねた家事ぐせに助けられる瞬間です。

――子供たちにも手伝わせたい、できるようになってほしい家事はどの部分ですか?また、お手伝いなどはどのようにさせていますか。

おさよさん:まだ小さい内はどんな家事にも興味を示して、やってみたい!と好奇心旺盛な子ども達です。私の日々の暮らし方を見せていくのが一番だと思っています。

その中で、これは真似したい。これは真似したくない。を子ども自身が決めるのではないでしょうか。危なくない範囲で、興味を持ったことはなるべく見守りつつさせていけばいいかなと思います。

――おさよさんのように家事ぐせをつけていきたいママも多いと思います。家事ぐせをつけていくコツはありますか?

おさよさん:暮らしの中で何か不便なことなど、「ちょっとだけ、とりあえず手を動かしてみる」といつも思って暮らしています。

諦めたり、見て見ぬふりしたり、暮らしではそれもアリだと思いますが、この引き出しの収納が使い辛い、どうしていいかわからないけど、とりあえず手を動かしてみよう。→前よりマシになったなぁ。→ここにこんな収納があればいいな。など、ちいさなきっかけを繋ぎ合わせて、私たちの心地よい暮らしの強い味方「家事ぐせ」を作っていきます。

誰でも何か一つ、日々の習慣に助けられた!と言う経験は今までになかったでしょうか?

「家事ぐせ」をつけておけば、毎日の家事を「さあやるぞ!」と意気込んで取り組まなくても、自然と手が動いて気がついたら終わってた!なんていう嬉しいルーティンができあがるはず。

『おさよさんの無理なくつづく家事ぐせ』では、掃除や洗濯、収納や料理に至るまで、さまざまな家事におけるおさよさん流テクニックがたくさん紹介されています。

興味を持ったものから取り入れて、ご家庭それぞれの「家事ぐせ」を見つけていけたら素敵ですね。