毎日新聞が17、18両日に実施した全国世論調査で、憲法9条第1項と2項をそのままにして、自衛隊の存在を明記するという安倍晋三首相の改正案について「反対」と答えたのは36%で、「賛成」の27%を上回った。改憲の議論を「急ぐ必要はない」は60%で、慎重論が強い傾向は前回調査から変わっていない。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

全文を表示