その気持ち…超わかる(泣)!「生々しい婚活漫画」に共感の嵐
Menjoy!

少女漫画やハーレクインコミックのような恋愛物語に胸をときめかせる一方、正論オブ正論の嵐が飛び交う“婚活漫画”で自分を奮い立たせている女性諸君、ごきげんよう! 今回は、婚活漫画『美人が婚活してみたら』を題材に、「結婚したいって気持ちだけで結婚できれば苦労しないわチクショウ!」と叫びたくなる、女性同士で笑いあり涙ありの女子会をしてみました!

美人が婚活してみたら……どうなる?

今回の独身女子会でテーマにさせてもらったのが、前回の「【美人が婚活してみたら】リアル男子が切る”婚活ダメ女”その原因」でも取り上げた婚活漫画『美人が婚活してみたら』です。

内容をざっくり説明すると、作者のアラ子さんの友人である美女OLのタカコ(32)が婚活を始めるも、なかなか上手くいかず……といった婚活エッセイ漫画。

これだけだと、「わりとありそうな内容じゃない?」「美人なんだからどうせ上手くいくんでしょ?」……な~んて思うかもしれませんが、現実は非情なり。

そんな簡単に婚活は上手くいかない! 美人だろうと婚活で受ける失敗や悲しみは我々と同じ……というか、美人だからこその弊害も。

独身同士で「美人が婚活してみたら」を語り合う

こんなにも共感できる“婚活漫画”を、自分だけで楽しむのはもったいない!

と思った筆者は、仲間の独身女性たちと一緒に「『美人が婚活してみたら』を語り合う独身女子会」を開催しました。ぜひあなたも一緒に参加しているつもりで「あるある~」「わかる~」と共感してみてくださいね。

女性にだって“ヤリたい夜”はある!

<男は本当に分かってない

女にもしたくてしたくて仕方ない夜っていうのはあるんだよ

―――(「帰りたくない」より)>

A子:ここ好きー!

筆者:わかるわかる。性的なことって、いまだに「男のもの」とか「女性は清廉潔白説」とか主張する人いるけどね……やっぱり女性だって動物だし。ヤリたいし。

B子:このあたりのシーンは読みながら「あるある」の連続だったな。ちょっといい感じになった男を誘ったら、「今日は飲むだけの気持ちで来たから」って言われてしらけちゃう感じとか。

筆者:新宿の人混みに相反して、タカコの虚しさがまた伝わってくるんだよね。

B子:私も金曜の夜に元カレとヤル気満々で会ったのに、食事でバイバイした時の虚しさったらなかったね。街にはこれからホテルに行こうとしてるカップルばっかで辛かった……。

A子:でもタカコの方は、一人で帰りながらLINEで……(ネタバレのため規制)。

筆者:ね! そのLINEの、ちょっとわがままだけど寂しさ全開な感じが、相手の男心をくすぐったのかなーって思ったわ。

【注目の記事】LINE・キス特集「好きでもI Love You♡」

婚活に疲れた時に思い出したい言葉

<仕事も中途半端で婚活も中途半端…

それどころか恋人でもない人と一夜をともにして…

ずっと出会いがないから結婚できないんだと思ってた

だけどもしかして

あたしが中途半端で全く面白くない人間だから結婚できないだけでは?

―――(「つまらない人間?」)より>

A子:婚活真っ最中の私は読みながら泣きました(真顔)!

B子:泣いたんか(笑)。

筆者:いや~、でもここは私もこみ上げるものあったなぁ。

A子:就活と一緒だよね、婚活って。相手から断られ続けたり、なかなか上手くいかないことが続いたりすると「私っていつ結婚(就職)できるんだろう」って不安感が押し寄せて、このシーンのタカコみたいになる。

筆者:そうそう。でもこのシーンの後、久々に友達に会って……。

<あたしがつまらない人間なんじゃなくて

あたしの価値観がつまんなくなってるだけなのかも

―――(「つまらない人間?」)より>

筆者:このシーンに繋がるのがまたグッとくる。

A子:結局、自分を追い詰めるのもつまらない人間にするのも自分自身なんだよね。

筆者:うんうん。

B子:個人的にこのタカコのモノローグは、婚活に疲れた時に思い出したい言葉だなーって思った。というか婚活以外でも、人生に行き詰った時とか。

自分のコンプレックスが丸裸になった

<こういうとき想像するライバルの姿って自分のコンプレックスの詰め合わせなんだよな~

―――(「コンプレックス」より)>

筆者:婚活中にとある男と出会えたタカコだけど、相手からの返事待ちの時にモヤモヤとした不安を抱える一方、他の女=ライバルがその男にとられるんじゃないかって想像するわけだけど……その時の我に返ったタカコのこのシーンは、かなり胸に刺さったよね。

B子:読んでて「ギクッ」ってなったよ。

A子:婚活どころか、十代ぐらいの恋愛中の時からこういうのあったよ。「●●くんが好きなのはきっと◯◯な女の子なんだ!」って……自分と正反対の妄想ライバルが常に浮かんでくるんだよね(笑)

筆者:その正反対な妄想ライバルって、つまり自分に無いものを持ってる子であって、自分のコンプレックスの裏返し。誰もが持ってるその気持ちを、タカコがこのシーンで明白にしてくれてる。

B子:こういう気持ちって、男も持ってると思う。「どうせ女って◯◯な男が好きなんだろ」とか言う人の大半は、その◯◯じゃない人だし。

A子:元カレが「高学歴は仕事できない奴ばっかだから」って被害妄想レベルで言い始めて、だからおまえは低学歴なんだよって思ったことあったなぁ。

筆者:(笑)

いかがでしたか?

婚活はひとりですることが多いと思いますが、ひとりだと「“ひとり”ということをさらに突きつけられて」、心が折れそうになりますよね。

そんなとき共感できる漫画を読むなどしてみると、勇気が奮いたつのではないでしょうか。ぜひ参考にしてみてくださいね!

【参考】

【美人が婚活してみたら】リアル男子が切る「婚活ダメ女」その原因 – Menjoy!

Vコミ・アプリ版

Vコミ・ブラウザ版

全文を表示