シリア北部ラッカ周辺で18日、米軍機がシリア政府軍機を撃墜した。米国防総省が発表した。過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦にあたる米軍支援の「シリア民主軍」への攻撃を続けたため、自衛措置をとったとしている。有志国連合は14年9月からシリアで空爆を始めたが、シリア軍機を撃墜したのは初めて。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

全文を表示