4月に一斉にスタートを切った春アニメもいよいよ終盤戦に突入。今期も様々な名曲が生まれたアニソンシーンですが、春アニメの主題歌の中から、特にオススメな楽曲を厳選してベスト5という形で選んでみました。尚、順番は順不同です。

アニソン好きなら絶対共感!? アニオタ特有「カラオケあるある」8選

劇団ひととせ『かーてんこーる!!!!!』(『ひなこのーと』ED)

オープニング主題歌『あ・え・い・う・え・お・あお!!』の余りにもフリーダムな自由奔放さでアニソンファンの度肝を抜いた春アニメ『ひなこのーと』。

しかしながら、エンディング曲の『かーてんこーる!!!!!』も『あ・え・い・う・え・お・あお!!』に勝るとも劣らない、ポップでありながらプログレッシヴな変幻自在の楽曲となっています。

劇中に登場する主役キャラクターたちの劇団、“劇団ひととせ”名義のこの曲は、オープニング曲と同様に舞台演劇に青春を燃やすヒロインたちの心情を描いた楽曲なのですが、兎にも角にも、メロディとリズムがコロコロとかしましく転換する変態的な一曲であり、そのインパクトは抜群です。

テレビサイズの90秒でも、その転調の激しさは十分に体感できるかと思いますが、それが、フルサイズで聴くことができる2番以降では更なるパワーアップを果たしており、一度や二度聴いただけでは楽曲の全容を把握することが困難な程です。

逆に、フルを聴いた後だと、この曲を90秒にキチンとまとめたテレビ版の編集能力の高さに驚きを覚えます。それ位、メロディとリズムが自由自在に、良い意味で忙しなく次々に切り替わる楽曲なのです。

一方で、劇団員同士の友情と親愛を描くリリックは、シッカリと作品性やストーリーを踏襲しており、超個性派のバックトラックに負けない強靭さを有しています。キャラクター性を歌声で表現し切る出演声優陣の歌唱も見事ですし、その辺りのバランス感覚の巧みさも、この曲の大きな魅力でしょう。

『あ・え・い・う・え・お・あお!!』と並んで、"アニソン"が持つ表現力の自由さを見せつけてくれた良曲だと思います。2017年上半期を彩ったアニソンの中でも、際立って個性的な一曲です!

"アイドルアニソン"の新たな名曲!

バンドじゃないもん!『METAMORISER』(『つぐもも』OP)

『つぐもも』は、浜田よしかづ先生による『月刊アクション』連載作をアニメした作品。主人公である男子高校生、加賀見一也が、彼の眷属的な存在である桐葉と共に、“あまそぎ”と呼ばれる人間に害悪をなす九十九神(つくもがみ)との闘いに挑む姿を描くバトルアニメです。

お色気たっぷりなサービスシーン満載の作品なれど、「退魔物」「伝奇物」としての見どころも数多く有した作風であり、まさに“萌え(エロ)”と“燃え”のバランスが取れた良作となっています。

本作のオープニングを飾るのは、アイドルグループ「バンドじゃないもん!」による新曲『METAMORISER』。アイドル、アニソンを中心に楽曲を手掛ける人気音楽制作ユニット「Q-MHz」プロデュースによる楽曲は、「ラップヴォーカル+バンドサウンド」なミクスチャーロック調の曲調が特徴のハイテンションな一曲です。

昨今のライブアイドル的な楽曲の旨味がタップリ詰まったトラックであり、バンド感が強いバックサウンドに、ボルテージ高めで早口なヴォーカルが乗るスタイルは、リスナーのテンションを問答無用でアゲアゲにしてくれるハイエナジーな仕上がりに。

メンバーそれぞれの声質の個性も、この曲にピッタリであり、『つぐもも』という作品を実に賑々しく装飾してくれています。

アイドルによるアニソンとしては、冬アニメ『うらら迷路帖』エンディング主題歌の「Luce Twinkle Wink☆」による『go to Romance>>>>>』と並んで、上半期屈指の名曲だと思います。アイドルファンな筆者としても、激オススメな一曲です!

FAガールズ『FULLSCRATCH LOVE』(『フレームアームズ・ガール』ED)

パロディ、お色気、ギャグと、そのサービス精神旺盛な作風で、アニメファンからの支持を得る川口敬一郎監督の最新作が『フレームアームズ・ガール』。

人気フィギュア、プラモデルメーカー、株式会社壽屋が展開する同名のプラモデルシリーズのメディアミックス企画となるアニメで、ふとしたきっかけで人型の自律思考型フィギュア「FAガール」のマスターとなった主人公と、彼女のもとに集うFAガールたちの交流を描くハートフルなコメディ作品です。

所謂“セルルックCG”な3DCGと手描きアニメーションの共存による画面作りが注目を集める本作ですが、主題歌も要注目! オープニング、エンディング共に、「MONACA」メンバーがガッチリとバックアップを行っており、どちらも聴き応えのあるナンバーが提供されています。

神前暁さんの作曲によるオープニング主題歌、村川梨衣さんの『Tiny Tiny』も捨て難いのですが、ここはエンディング曲の『FULLSCRATCH LOVE』をイチ推しとさせていただきます!

とことんキャッチーかつラウドなこの曲は、MONACAの新鋭、広川恵一さんによる作編曲ナンバー。個人的には、昨年の『あんハピ♪』エンディング曲での仕事が深く印象に残っているのですが、今回もスペシャルで素敵な曲をアニメファンに届けてくれました。

一聴して耳に残るのは、その独特な音響を前面に押し出したギターの音。メタリックな上に、エモーショナルであり、ラウドロックシーンで頻繁に耳にする形容詞である"ポストハードコア"的な感性を有したサウンドです。

そこに可愛らしい声優さんの歌声が乗ることで生み出されるアンビバレンツこそが、この曲の最大の魅力でしょう。各エピソード毎に歌唱を担当する声優(FAガールズ)がシャッフルされるという"仕掛け"もポップで、ただただ楽しい限り。

名曲が多い今期アニメ主題歌の中でも、"楽しい"を最も強烈な形で体現している曲が、この『FULLSCRATCH LOVE』ではないでしょうか?

ちなみに、2番では、単純に1番のメロディとリズムをシンプルにリフレインするのではなく、“変態”と称しても良い程の大胆なアレンジが加えられています。その一筋縄ではいかなさも加えて、是非ともフルサイズで聴いて欲しくなる名曲です。

早くも本年度ベストの1曲!?

TrySail『adrenaline!!!』(『エロマンガ先生』ED)

ソニー・ミュージックの新レーベル「SACRA MUSIC」への移籍を果たし、更なる躍進を続けるTrySailの新曲が、この『adrenaline!!!』です。

移籍後の第1弾シングルとなる『オリジナル。』では、作編曲にクラムボンのミト氏を迎え、感動的でスケール感のあるナンバーを聴かせてくれましたが、次作となるこの『adrenaline!!!』は、このユニットらしいメロディを重要視した歌唱力に、ノリの良いスカコア調のトラックをクロスオーヴァーさせたパワフルでポップな楽曲となっています。

裏打ちのビートに小気味良いギターのカッティング、そして、高らかに鳴らされるホーンセクションのサウンド。スカコアの魅力を濃縮したようなバックサウンドに、TrySailメンバーのキュートな歌声が絡む様は、ただただ“痛快”の一言です。

例えば、『WORKING!!』の『SOMEONE ELSE』、例えば、『響け! ユーフォニアム』の『トゥッティ!』。これまでにも、数多くの名曲が生み出されてきたスカコアアニソンですが、この『adrenaline!!!』も「スカコアなアニソンにハズレ無し」を証左してくれる新たな名曲だと思います。スカだけにアニメ本来の魅力を“裏打ち”してくれる素敵な一曲です。

面白いのが、この曲が使用されている『エロマンガ先生』は、オープニング曲でもツービートなスカ調の楽曲(ClariSの『ヒトリゴト』)を使っているという点です。

そういえば、本作とクリエイターの主軸を同じくする『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』でも、ゆったりとしたオーセンティックなスカがBGMに使用されていましたよね。アニソン、劇伴ファンならば、そんなポイントにも注目してアニメを楽しみたいところですよね。

SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle & Gemie『gravitywall』(『Re:CREATORS』OP)

『アルドノア・ゼロ』『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』と、美麗なアニメーションでアニメファンを魅了してきたTROYCAが送る2017年作、それが『Re:CREATORS』です!

原作に人気漫画家の広江礼威氏を迎えた本作は、「フィクションのキャラクターが現実世界に登場する」というファンタジックで夢のある設定を用いながらも、ハードで謎めいたストーリー展開が大きな特徴の作品。

物語は折り返し地点を通過しましたが、メインキャラの死亡による離脱劇も辞さないハードボイルドなシナリオからは全く目が離せません。個人的にも今年最も注目している作品の一つです。

オープニング主題歌に起用されている『gravitywall』は、劇伴を担当する澤野弘之氏による楽曲。『Re:CREATORS』の作品性と世界観を象徴するような美しくもダークな電子音が立ち込めるナンバーです。

テクノポップも良い、トランスやEDMのようなアッパーなテクノサウンドも良い。そうした電子音楽とアニソンとの相性の良さは、これまでに生み出されてきたテクノなアニソンの名曲たちを振り返ってみても明晰な事実ですが、この曲のように暗く、耽美的でハードな電子音もまた、アニメとの親和性は抜群。その完成度の高さには、思わず唸ってしまいます。

『gravitywall』は、インダストリアル的でもあるし、ちょっぴりゴシック的なムードもある。“ニューウェーヴ”のダークな側面をアニソンとして再解釈した楽曲という印象を受けます。

そうした暗黒なサウンドをアニソンへと昇華し、今、とてもおもしろい音楽的表現を行っているのが「MYTH & ROID」だと思うのですが、この『gravitywall』も、本稿で紹介してきたような華やかでポップな楽曲とは違う方向性から、アニソンの深さと魅力をリスナーに伝えてくれる楽曲といえるでしょう。早くも、本年度のベストの一曲として選びたくなる素晴らしいナンバーです。