『GTA V』Mod存続目指す署名運動始まる―Steamレビューも「不評」に
Game*Spark

Rockstar Gamesより発売されている人気シリーズ最新作『Grand Theft Auto V』。本作でModを使用可能にするツール「OpenIV」の配信停止を受け、「Change.org」にて同ツール存続を目指すオンライン署名がスタートしています。

【大きい画像を見る】『GTA V』Mod存続目指す署名運動始まる―Steamレビューも「不評」に


「OpenIV」は、『GTA V』内でModを制作したり、配布Modを導入するためのツールで、ほぼすべてのModはこのツールを介す必要があります。Rockstar Gamesは、「今回の処置はシングルプレイヤー用のModをターゲットとしたものではありません」とし、あくまで『GTAオンライン』でのMod使用を制限することを目的としていますが、シングルプレイヤー用Modも「OpenIV」が必須なため、事実上のMod利用不可、という状況になっています。

記事執筆時点のSteam版ユーザーレビューは、「最近」が圧倒的に不評 (39,096 件のレビュー)、「総合」が賛否両論 (228,801 件のレビュー)で、内容もModに関するレビューがほとんどとなっています。

そんななか、オンライン署名サイト「Change.org」では、「OpenIV」の存続を目指す署名がスタートしており、現時点での賛同者は、47,258人にのぼっています。宛先は、Rockstar Gamesおよび親会社のTake-Two Interactiveで、50,000人の賛同者を募っています。


さらに、『GTA』シリーズの動画を専門で公開しているYouTubeチャンネルGTA Series Videosは、ファンメイド映像「The Purge (RIP MODS)」も披露。ロスサントス内のModが排除されていく様子が映されています。【ほかの画像を見る】『GTA V』Mod存続目指す署名運動始まる―Steamレビューも「不評」に

全文を表示