画像提供:マイナビニュース
マイナビニュース

三菱重工業と三菱航空機は、6月19~25日にパリ郊外のル・ブルジェ空港で開催中のパリ・エアショーにて、ローンチカスタマーであるANAの塗装を施したMRJ飛行試験機3号機を披露。展示は21日までを予定しており、19日にはMRJプログラムに関するプレスブリーフィングを開催した。さらにこのほど、同空港に到着したMRJの動画が公開された。

飛行試験機3号機は、現地時間の6月13日8時38分に米ワシントン州グラン ト・カウンティ国際空港内の飛行試験拠点であるモーゼスレイク・フライトテスト・センター(MFC)を出発、カナダ ウィニペグ・ジェームス・アームストロング・リチャードソン国際空港、グースベイ空港とアイスランド ケプラヴィーク国際空港を経由し、現地時間の15日17時5分にル・ブルジェ空港に到着した。MRJにとって、初の欧州上陸となる。また別の動画では、飛行試験機3号機にANAの塗装が施されるまでの様子も紹介している。

19日に実施されたプレスブリーフィングでは、今後20年におけるリージョナルジェット市場の拡大とともに、競合他社の機材に比べて燃費効率が高く、騒音レベルも低いなどの特長を紹介。現在、ANAを始めとする世界の6社から233機の確定発注、194機のオプションを得ており、三菱はリージョナルジェット市場において主要プレイヤーになりつつあることに触れた。

(c)2017 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. All Rights Reserved.

全文を表示