ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、ナチスの実力者"金髪の野獣"ハイドリヒ暗殺事件を描いた『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』。
日刊サイゾー

 現代社会に甦ったアドルフ・ヒトラーが毒舌コメディアンとして人気を博し、マスメディアをたやすく牛耳っていくブラックコメディ『帰ってきたヒトラー』(15)はドイツ本国で大ヒットしただけでなく、日本でも2016年に劇場公開され、単館系では異例といえる興収2億円のヒット作となった。『帰ってきたヒトラー』のほかにも、ホロコーストを指揮したアドルフ・アイヒマンに焦点を当てた『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』(15)や『アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち』(15)、アウシュビッツ裁判が開かれるまでのドイツの実情を暴いた『顔のないヒトラーたち』(14)、ナチ犯罪の爪痕を描いた復讐劇『手紙は憶えている』(15)など様々なヒトラー&ナチ関連映画が日本で公開され、それぞれ話題を呼んだ。

 今年もナチ映画の劇場公開が目立つ。7月8日から公開が始まった『ヒトラーへの285枚の葉書』は平凡な労働者階級のドイツ人夫婦が主人公。それまでナチ政権を支持することに何ら疑問を感じることのなかった夫婦が、ひとり息子を戦争で失ったことからヒトラー批判のメッセージカードをベルリン市中に配り歩くようになった実在の事件を描いた感動作だ。8月12日(土)より公開される『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』はナチスによるチェコ支配に抵抗したレジスタンスたちを主人公にしたスリリングな実録映画。映画の後半には激しい銃撃戦が待っている。やはり実話を基にしたユダヤ人少年少女たちのサバイバルロードムービー『少女ファニーと運命の旅』は8月11日(金)より公開される。ユニークな作品としては、ジョニー・デップとリリー=ローズ・メロディ・デップが父娘共演した『コンビニ・ウォーズ バイトJK vs ミニナチ軍団』(公開中)があり、カナディアンナチスを自称した実在の人物エイドリアン・アルカンを元人気子役のハーレイ・ジョエル・オスメントが演じている。

 なぜゆえ、こうもヒトラー&ナチ関連の映画が最近多いのだろうか。ドイツ現代史研究者で、早稲田大学の非常勤講師を務めている増田好純氏に、日本人があまり知らないドイツの内情について語ってもらった。

増田「ヒトラーやナチスドイツを扱った映画が最近いろいろと作られるようになった背景のひとつとして、戦後70年が経過してドイツでもようやくヒトラーやナチスが歴史として認識されるようになってきたということが言えると思います。戦後のドイツは、ヒトラーやナチスが犯したユダヤ人大虐殺などの大規模犯罪と向き合うことで国際社会からの信頼を得てきたという経緯があります。その反面、自国でヒトラーやナチスを描くことにはとてもナーバスで、タブー視されてきました。『ヒトラー 最期の12日間』(04)は戦後初めてヒトラーを正面から描いたドイツ映画でしたが、政治的な解釈は回避した内容でした。ドイツは戦後ずっとナチ犯罪被害者への補償を続けてきたわけですが、1990年代終わりに持ち上がったナチ政権下における強制労働に対する補償問題は“最後の大規模なナチ犯罪”と呼ばれ、紆余曲折しながらも2001年に基金が設けられ、2007年に補償金の支払いが終了しています。このことから、ドイツ人の喉元にずっと刺さったままだったナチズムの棘が国際政治的にようやく抜けたという感覚になったようです。それ以降、ヒトラーやナチスを題材にした小説や映画などがナチズムの再評価に関わらない限りで容認される雰囲気ができ、ここ数年で次々と形になってきているように感じます」

 日本では人気アイドルグループ「欅坂46」が昨年のハロウィンイベントの際にナチス親衛隊を思わせる衣装を着たことが大きな波紋を呼んだが、ドイツでは今でもナチスを連想させる表現は厳しく取り締まられている。

増田「公共の場でヒトラーを賛美したり、ナチスを肯定したりするとドイツでは民衆扇動罪に問われ、逮捕されます。日本は反ユダヤ主義に対して認識がかなり希薄ですが、ドイツでは単なるコスプレでもナチスを思わせる格好で外出することは許されていません。ドイツの学校では現代史の授業に時間が多く割かれますし、生徒が授業中に挙手するときは手を挙げるのではなく、人差し指を立てるようになっています。手を挙げるとナチス式の敬礼を連想させるという理由からです。『帰ってきたヒトラー』はドイツ人の本音をうまく代弁したコメディ映画としてヒットしましたが、ヒトラーに対するドイツでの公的な見識が変わったわけではありません。『帰ってきたヒトラー』はヒトラーを主人公にしたというよりも、ドイツを含めて欧州全体に極右勢力が台頭し、移民を排斥しようとする風潮をタイミングよく風刺した作品だったと思います」

 ドイツ国内でナチスに対する歴史的な評価が変わることはないものの、ナチス政権は一般のドイツ市民からは意外なほど高い支持を得ていたことが専門家の研究によって最近明らかになってきたと増田氏は語る。

増田「ナチスドイツは結局、戦争に負けるまではドイツ内部で崩壊することはありませんでした。戦争が始まってからも、ドイツの一般市民の多くはナチス政権を支持していたことが戦後間もなく行なわれた世論調査などで分かっています。占領国から奪った食料や物資でドイツ国内は潤い、戦時中も飢えに苦しむことがなかったんです。戦争体験と飢餓が結びついている日本との大きな違いでしょう。『ハイドリヒを撃て!』ではナチ秘密警察の実力者だったラインハルト・ハイドリヒがチェコレジスタンスたちの暗殺の標的になりますが、37歳でハイドリヒはチェコの統治を任されたように、ナチスは実力のある若い世代を中堅幹部に抜擢していたのも特徴です。若くして責任ある立場に就いたことで、ヒトラーの指示以上に彼らは過激な行動に走っていった傾向があります。ワイマール時代に厳しい貧困生活を強いられた若い世代がナチスを支えていたんです。少子化、高齢者と子どもの貧困問題、外国人を排斥しようとする最近の世界情勢は、ナチスが台頭してきた状況と通じるものがありますね」

 これまで多くの映画ではナチスは絶対悪として描かれてきたが、ミルグラム実験を題材にした『es[エス]』(02)や米国の高校で実際に起きた事件に着想を得た『THE WAVE ウェイブ』(08)といったドイツ映画では、ファシズムという状況に簡単に順応し、ナチズムというエリート意識に魅了されてしまう人間の危うい一面が描かれている。また、増田氏が執筆者のひとりとして参加した『教養のドイツ現代史』(ミネルヴァ書房)を読むと、これまでヒトラーやナチスが映画や漫画などの世界でどのように描かれてきたのか、またナチスは同性愛や売春を厳しく取り締まる反面、男女間の婚前・婚外の性的関係には寛容だったなどの興味深いテーマについて知ることができる。大衆を熱狂させたヒトラーとナチスの歴史を含め、ドイツ現代史から学ぶべきことは多そうだ。
(取材・文=長野辰次)


『ヒトラーへの285枚の葉書』
製作国/ドイツ、フランス、イギリス 監督・脚本/ヴァンサン・ベレーズ 出演/エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソン、ダニエル・ブリュール 
配給/アルバトロス・フィルム 7月8日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー中
(C)X Filme Creative Pool GmbH / Master Movie / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016
http://hitler-hagaki-movie.com

『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』
製作国/チェコ、イギリス、フランス 監督・脚本・編集/ショーン・エリス 出演/キリアン・マーフィ、ジェイミー・ドーナン、シャルロット・ルボン、アンナ・ガイスレロヴァー、ブライアン・カスペ、トビー・ジョーンズ 
配給/アンプラグド 8月12日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
(C)2016 Project Anth LLC All Rights Reserved
http://shoot-heydrich.com

『コンビニ・ウォーズ バイトJK vsミニナチ軍団』
製作国/アメリカ 監督・脚本・編集/ケヴィン・スミス 出演/リリー=ローズ・メロディ・デップ、ハーレイ・クイン・スミス、ジョニー・デップ、ジャスティン・ロング、ハーレイ・ジョエル・オスメント
配給/パルコ、ハピネット 7月1日より新宿シネマカリテほか全国順次公開中
(c)2015 YOGA HOSERS,LLC All Rightshojo-fanny-movies Reserved.
http://conveni-wars.jp

『少女ファニーと運命の旅』
製作国/フランス、ベルギー 監督/ローラ・ドワイヨン 出演/レオニー・スーショー、セシル・ドゥ・フランス、ステファン・ドゥ・グルート、ライアン・ブロディ 
配給/東北新社 8月11日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
(C)ORIGAMI FILMS / BEE FILMS / DAVIS FILMS / SCOPE PICTURES / FRANCE 2 CINEMA / CINEMA RHONE-ALPES / CE QUI ME MEUT - 2015
http://shojo-fanny-movie.jp

■イベント情報
2016年12月に開催された「早稲田大学 白バラ・パネル展」が今秋も予定されている。ナチ政権下のドイツで、ヒトラー政権に抵抗するビラを発行し続けた大学生たちを中心にしたグループ「白バラ」の活動内容や時代背景を解説したパネルや写真が展示される。ドイツ映画『白バラの祈り』(05)の主人公のモデルとなったゾフィー・ショルの21歳の生涯に触れたい。
会場/早稲田大学早稲田キャンパス 小野梓記念館(27号館)地下1階ワセダギャラリー

全文を表示