神戸市北区で高齢の夫婦ら3人が殺害され2人が負傷した事件で、兵庫県警捜査1課などは17日、南部達夫さん(83)に対する殺人容疑で、孫の無職竹島叶実容疑者(26)を再逮捕した。

 県警によると、竹島容疑者は「黙秘します」と話している。取り調べには落ち着いた様子を見せているという。

 逮捕容疑は16日、同市北区有野町有野の自宅で、同居する南部さんを金属バットで殴り、包丁で突き刺すなどして殺害した疑い。

 県警によると、司法解剖の結果、南部さんの死因は頸(けい)動脈などの損傷による失血死と判明。遺体には、首や胸など7カ所以上に切り傷や刺し傷、打撲の痕があった。

 事件は16日朝に発生し、南部さんと妻観雪さん(83)、近所に住む辻やゑ子さん(79)が死亡。竹島容疑者の母親(52)ら2人が重傷を負った。

 捜査関係者によると、母親は当時の状況について「急に騒がしくなり、物音がした方に行った。(竹島容疑者が南部さんを)バットで殴っているところを目撃し、止めようとしたら自分の方に来たので逃げた」と話しているという。

 母親は自宅近くの路上で全身打撲の状態で発見され、「息子がやった」と警察官に説明。県警は自宅から約300メートル離れた神社で、血の付いた包丁とバットを持っていた竹島容疑者を発見し、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕していた。 

全文を表示