ジャスティン・ビーバーが7月15日、車の運転中に携帯電話を使用していたところを、警察が呼び止めたようだ。

警察関係者らが米ゴシップサイト・TMZに語ったところによると、ジャスティンはビバリーヒルズにおいてメルセデス・ベンツ・Gクラス・ワゴンを運転中、携帯電話を使用しているところを巡査官に見つかり、車を停止させられたとのこと。

その時点で電話をしていたのかメールを打っていたのかは不明だが、ジャスティンは落ち着いていて協力的で、特に争いもなくチケットを受け取ったという。

ちなみに、ビバリーヒルズでの運転中の携帯使用の罰金チケットは平均162ドル(約1万8000円)と言われている。

この出来事の1か月前には、ジャスティンが道を外さないことを誓い、二度と警察のお世話にはならないと明言していたばかりだ。

2014年にマイアミビーチでランボルギーニに乗って友人らとドラッグレースを繰り広げていたジャスティンは当時、飲酒および麻薬の影響下の運転(DUI)、公務執行妨害、免停処分期間中の運転の容疑で逮捕されている。ジャスティンは先月、その事件の逮捕後に警察によって撮影された写真をインスタグラムに投稿し「豚箱はろくなところじゃない、楽しくない、2度としない」とキャプションをつけていた。

また、ジャスティンがこの事件の際に警察に撮られた写真をインスタグラムに載せたのは今回が初めてではなく、今年4月にもその逮捕時の写真と現在の自分をコラージュした写真を投稿し「この写真は最高だよ。だっていつも僕が望んでいる場所にいないことを思い出させてくれるし、そう僕はもうかつていたあの場所にはいないんだ。これからまだまだ良くなるってことだよ」と語っていた。

2010年リリースのシングル「ベイビー」でスターの仲間入りを果たしたジャスティンだが数々の違法行為、パパラッチやファンとのトラブルなどで常に物議をかもしている。