南スーダン国連平和維持活動(PKO)で「戦闘が生起した」と書かれた陸上自衛隊の日報について、防衛省が『棄した』という説明した後も陸自内に保管されていた“日報問題”が、再び火を噴き始めた――。

 18日、稲田朋美防衛相が保管の事実を「非表」とする旨を防衛省内で了承していたと、一部メディアで報じられた。

 防衛省2月、「統幕内」で保管されていたデータとして日報を表したが、翌3月には、すでに1月時点で陸自内で日報が見つかっていたと報じられ、稲田氏は特別防衛監察を示していた。

 そして今回の報道によれば、2月に開かれた、陸自内に保管されていた文書への対応に関する防衛省内の幹部会議において、「隊員個人が収集したデータであり、陸自公文書ではない」との申し合わせをし、陸自に保管されていたという事実表しない方針が決定され、その会議稲田氏も出席していたという。稲田氏は3月衆院安全保障委員会で「(陸自内でデータが見つかったことは)報告はされなかった」と答弁しており、野党は虚偽の答弁を行ったとして批判している。

 一連の報道を受け稲田氏は19日、「隠蔽を了承したとか、非表を了承したとかいう事実は、まったくありません」とコメントしているが、なぜこのタイミング突然稲田氏の“隠蔽疑惑”が報じられたのであろうか。ジャーナリスト夫氏る。

「今回噴出した稲田問題は、防衛省内部の陸自幹部からのリークだといわれています。というのも、これまで稲田氏は内で幹部をはじめとする職員らを見下した態度で振る舞い、まともに幹部のレクチャーを聞かず、頭ごなしに威り散らしていたのです。しかし、国会答弁は滅で、日報問題では逃げ回る始末。さらに今には、九州地方災害対応でも、揮を取るどころか不在だったことが明らかになりました。防衛省幹部たちとしてはもう慢の限界だったにもかかわらず、安倍晋三首相は相変わらず稲田氏をかばうばかりで、更迭せずに8月内閣改造で交代させると伝わっています。内には『冗談じゃない、即刻辞めさせるべきだ』とのが充満しています。つまり、今回のリークは、防衛省安倍首相に『これでも改造人事まで引き延ばして、交代させるつもりですか?』と、問いかけた“一手”なのです」

 また、本件や加計学園問題などから透ける、官僚たちの“覚悟”について、氏はこう読み解く。

「これまで日報を棄していたという“ウソ”をつき続けていた防衛省責任を問うことは簡単です。しかし、加計学園問題をめぐる文科省にも通じる、官僚の覚悟が垣間見えます。『これまで安倍政権に押し付けられる理不尽なことを受け入れ、なんとか褄合わせをしてきた。しかし、に大臣が発言するたびに台しにされてきた。これ以上、私たちは忖度しません。堂々と事実民に明らかにします』という覚悟です。首相官邸がいくら稲田氏をかばっても、もう防衛省は動かないでしょう。将棋でいえば、詰みの状態。一刻もく解任するしか手はないと思います」

 これまで数々の失言を繰り返し、安倍政権と自民党の“火庫”と化してきた稲田氏の進退が注される。
(文=編集部)

稲田防衛相(写真:つのだよしお/アフロ)