婚活サービス提供するIBJは7月27日「理想の男性について」という調結果を発表した。調婚活サービスを利用している2040代の未婚女性556人を対インターネットで行った。

結婚相手にめる年収を聞くと、1位は「500~699万円」で47。その理由として最も多かったのは「自分より稼いでいてほしいから」だった。2位以降は「700~899万円」(34)、「900~1000万円以上」(11)、「300499万円」(2%)、「特になし」(6)と続く。

30代前半男性均年収は451万円、現実は厳しい

余裕がある生活や子育ても視野に入るため「世帯年収1000万円は欲しい」というや、1000万円以上と回答した女性からは「稼ぐ男性はなんでもできる」というもあがっている。

年収500万円以上の男性められている、ということだがたしかに国税庁の調査によると日本均年収は男性521万円、女性276万円となっている。

しかし男性平均初婚年齢男性31.1歳だ。この辺りの年代の男性均年収を見ていくと20代後半で383万円、30代前半で451万円。結局のところ女性は「均年収以上」の年収をめている、と言えそうだ。

「これはあくまでも女性の理想です」という但し書きも

「理想の男性」調では結婚相手として魅を感じる職業も聞いている。

1位 大手商社メーカー勤務(40
2位 公務員(38
3位 医者、特になし(7
5位 税理士・会計士(4
6位 経営者・広告代理店テレビ局勤務(2%

公務員」を僅差で「大手商社メーカー勤務」が上回った。大手商社であれば均年収が1000万円をえるもしくはない。選んだ理由を聞くと、やはり「安定した高収入」「そう」が圧倒的に多く、

「盛り上げ上手で楽しませてくれそう」
「話題豊富でコミュニケーションが高そう」

というも寄せられた。婚活女子には「安定」と「高収入」が欠かせない条件のようだ。

また「これだけは許せない!」という部分を聞くと、1位は「ギャンブル依存症」(40)。2位以降は「不潔」(24)、「浮気性」(19)、「お金にケチ」(8)、「自慢ばかり」(4)、「マザコン」(3)、「太っている」「愚痴・不満が多い」(1)と続く。

これらに対して同社は「ギャンブルはほどほどに」、「ロン毛やシワシワのワイシャツなど女性は細かい部分まで見ているから気を付けて」などと注意を促した上で「どれも難しいことではなく、普通であれば大丈夫なのです。男性のみなさん、気負いしないでくださいね!」とアドバイスしている。

また同調の最後には「今回は、理想の男性像を女性の本音で聞いてみましたがあくまでも"理想"です。理想と現実にはギャップがあることは承知でお聞きしてみました」という但し書きが添えられている。