非常に多くのユーザーが存在するSNS
最近では行く先々で“SNS映え”を意識させるような観光地や料理などが話題になっています。
まさに今の時代、SNSは私たちの生活に密着した、欠かせないツールと言ってもいいかもしれません。

しかし、そんなSNSですが、のめり込み過ぎれば恋愛に悪影を与えることもあるようです。
2014年アメリカミズーリ大学博士課程研究員ラッセル・クレイトン氏が、気になるレポートを開しています。

SNSの持たらす負の側面を知ろう!実は恋愛関係にはの場合も

そのレポートは当時、学術専門誌「Cyberpsychology, Behavior, and Social Networking」にも掲載されているのですが、では一体何が問題なのでしょう。

その理由として、SNS(特にTwitter)を盛んに利用することで、人との間でSNSの利用を巡る喧が増えてしまい、そのせいで破局や浮気の可性が高まるとされています。

たしかに最近では、人がいる身でありながら、パートナーへの連絡もそこそこに、SNSに没頭している人っていますよね。
そしてまた、そんな人の中には、既に人がいるにも関わらず、SNS経由で知り合った異性と仲良くしているという場合もあります。

それをパートナーの当たりにしたら、そりゃあいい気分はしないというものです。
これが原因になって喧に発展したとしても、それは自然な流れでしょう。

実際筆者の周囲では、既に同様のトラブルを引き起こしたカップルも出現しています。
このカップルの場合、SNS気味の彼女が、彼氏に「もう寝るね」と伝えた後、深夜になっても延々Twitter更新し続け、複数の男性と交流していたそうです。
当然、そんな様子を知ったら、彼氏のほうは複雑な思いに駆られます。

ほどなくしてこのカップルは大喧を引き起こし、破局してしまいました。

要はバランスが大事!リアルSNSも存分に楽しめる方法はある!

前述のような、せっかく人がいるのにSNSで知り合った異性と仲良くしたいがために、その関係を悪化させてしまう人というのは、はっきり言って生き方のバランス感覚が乏しいだけのことです。

こういう人って同じことを繰り返してしまい、その都度交際相手に嫌な思いをさせます。

ですので、できるだけそんな人を人にしないようにしておきましょう。
と同時に、自分もまたそんなことをやらかさないように、リアルネット世界とのバランスをしっかりと考えて、日々生活することが大事です。

何か思いつめることがあって、ネットにその感情を吐露するのもいいのですが、これを女性がやる場合、その弱った気持ちに付け込もうとする男性が、しばしば現れるもの。
そしてこういう男性の大半は、「相談乗るよ」なんて言ってきますけど、カラダ的です。
ネット越しの異性との出会いには、現実で出会うほどの保険も担保も少ないのがネック
くれぐれも気をつけましょう。

おわりに

逆に言えば、ネットとはそういうもので、あくまでも人間関係を円満に築くには、時間をかけてお互いをよく知り合うしかないという本質さえ知っていれば、リアルネットも楽しめるわけですね。
何事もバランスです。
気持ちがネットのほうに行き過ぎないように、あくまでも俯瞰でSNS世界を楽しみましょう。(松本ミゾレ/ライター

カツ編集部)