望月清賢容疑者
毎日新聞

 山梨市の職員採用試験を巡る公文書改ざん事件で、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で逮捕された市長の望月清賢(せいき)容疑者(70)が辞職する意向を固めたことが12日、市関係者への取材で分かった。同日午後に代理人が辞表を提出する。

 辞職の意向は議会事務局から市議全員に伝えられ、市議会で対応を協議する。【田中理知、滝川大貴、加古ななみ】

全文を表示