ジョニー・デップの元妻ヴァネッサ・パラディ(44)が、久しぶりの新作『Chien(原題)』のプロモーションのため、スイスで開催されているロカルノ映画祭に出席。10歳若返ったと話題になっている。

【写真を見る】完璧な美少女、リリー=ローズ・デップのキュートすぎるドレス!

ヴァネッサは、昨年10月から順調交際が伝えられている映画監督のサミュエル・ベンシェトリとともに、スイス入り。日中は紫に花柄のジャンプスーツに帽子とサングラス、夜はモノクロのシンプルなドレスで、サミュエル監督とともにプレミアに出席した様子がデイリー・メール紙に掲載されている。

ジョニーと破局した後には、ヤセ過ぎて老婆のようとまで言われたヴァネッサだが、今回の様子を見たネットユーザーたちからは、「少しふっくらして健康的になった」「私生活の充実ぶりが顔に出ている」「ジョニデと別れて、10歳は若返った」

「相変わらず味噌っ歯で、過去のドラッグやたばこ、お酒で歯も黄色いけど、独特の雰囲気は健在」「紫のジャンプスーツはどうかと思うけど、やっぱり綺麗!」「ジョニデに捨てられて、大正解!」「いやいや、ヴァネッサが捨てたのよ」といった声が寄せられている。

ジョニーがヴァネッサを捨てた原因とされるアンバー・ハードは、DV疑惑でジョニーを捨てて離婚。その後はビリオネアで実業家のイーロン・マスクと交際していたが、数週間前のイーロンに捨てられたと報じられたばかり。現在ジョニー周辺で一番充実した私生活を送っているのは、間違いなくヴァネッサだと言えそうだ。【NY在住/JUNKO】

かなり若々しくなった!