フットボールゾーンウェブ
Football ZONE web
開幕戦で格下バーンリーに敗戦 マーソン氏が補強の必要性を指摘

 

 プレミアリーグ王者チェルシーは、12日に行われた2017-18シーズンの開幕戦でバーンリーと本拠地で対戦。前半だけで3失点を喫し、退場者を二人も出す大荒れの展開で2-3と敗れた。現地の解説者は悪夢のスタートとなったチェルシーの戦力に疑問符を投げかけて、選手補強の必要性を指摘した。

 

「マン・シティのベンチとチェルシーのベンチを比べてほしい。まるでチョークとチーズだ」

 

 こう語っているのは現役時代にアーセナルなどで活躍し、現在は英衛星放送「スカイ・スポーツ」で解説を務める元イングランド代表のポール・マーソン氏。「チョークとチーズ」とは、日本語でいう「月とスッポン」に似た英語表現で、全く異なるものを表す時に使われる。同氏は大型補強を敢行しているマンチェスター・シティとの比較で、チェルシーが戦力的に大きく見劣りすると分析した。

 

 バーンリー戦では新キャプテンのDFギャリー・ケイヒルが、前半早々に足の裏を見せた危険なタックルで一発退場。1-3のスコアで迎えた後半36分には、すでに審判への皮肉を込めた拍手でイエローカードを受けていたMFセスク・ファブレガスが相手へ危険なスライディングタックルを仕掛け、二度目の警告で退場となった。チェルシーは第2節で、昨季優勝を争ったトットナムとウェンブリーで対戦するが、主力2選手が出場停止と、さらに厳しい戦いが予想される。

 

 

 

「プレミア、CLで優勝したいのなら…」

 

 そして、マーソン氏は本拠地での開幕戦を落としたことについて、「プレミアリーグがこれだけ強くなっているなかで、バーンリー相手にホームで勝ち点を落としている余裕はない」とバッサリ。「彼らは選手を買う必要がある。若手へのリスペクトがないわけではないが、プレミアリーグ、そしてチャンピオンズリーグで優勝したいのなら、さらに多くの選手を揃えなければならない」と選手補強が必要だと進言した。

 

 チェルシーは大黒柱のMFエデン・アザールや新戦力のMFティエムエ・バカヨコらが負傷離脱中。MFネマニャ・マティッチをマンチェスター・ユナイテッドへ放出し、昨季リーグ20得点のFWジエゴ・コスタはアントニオ・コンテ監督の構想外となっている。思わぬ先制パンチを食らったチェルシーだが、ここから立て直すことはできるだろうか。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

全文を表示