ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・24時間テレビの募金額が激減
・ここ数年で最も少ない
・昨年より1億円以上減る

26日の18時30分から放送された日本テレビの『24時間テレビ 愛は地球を救う』の番組終盤にてブルゾンちえみが武道館に入場し階段を降りた後に、募金中間発表が表示された。
その募金額は1億2902万958円となっており、24時間時点での中間発表では2009年以降最も低い集まりとなった。

その原因はトラブルによりインターネット募金ができなかったことが挙げられる。これが響いたのか24時間時点での集まりは普段であれば2億円を超えているはずが、昨年より1億円以上も少ない結果となった。最終報告はまだ挙がっていないがこの集まりだと昨年や一昨年を超えることは難しそうである。

40回目となった24時間テレビ。今年はチャリティーマラソンのランナーを当日に発表するなと今までに無い試みを行ってきたが、ネット募金のトラブルなどもあり集まりが悪かったようだ。ほかに集まりが悪かった原因があったとすれば?

関連:24時間テレビで「私は実の母じゃ無い」と告白させる企画に批判殺到 「今言う意味あるのか」「テレビで言うなよ」
関連:24時間テレビのブルゾンちえみの走る距離が30キロというデマが拡散 実際は90キロ
関連:24時間テレビのマラソンランナーをTwitterでネタバレ 「警察官の父親から聞いた」