相手の右MFレッキーとはかつてフランクフルトで共闘

 

 リーガ・エスパニョーラで自信を深めた乾貴士(エイバル)が、決戦で元チームメイトの間隙を突く――。31日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア戦に向けた前日練習後、取材に応じた乾は、フランクフルト時代にチームメイトだったMFマシュー・レッキー(ヘルタ)とのマッチアップについてイメージを膨らませている。

 

 4年前のブラジルW杯予選でもメンバー入りしていた乾だが、当時は出番が巡ってくる機会は稀だった。しかしリーガ移籍後、持ち前のテクニックに加えて献身性も一層磨き、ジョーカーとしての期待も大きくなっている。「今回はチームのためにやっていきたいなという気持ちは強いですし、チームが結果を出せるようにやれることがあると思います」と、主力としての自覚をのぞかせた。

 

 この試合で特に乾が鍵を握りそうなのは、次の言葉に象徴される。

 

「右サイドハーフの7番はものすごく攻撃的だと聞いています。知ってる選手ですけど」

 

 3-2-4-1システムを採用すると予想されるオーストラリアで、右サイドハーフを務めるのがレッキーだ。FW原口元気が所属するヘルタに今季加入したアタッカーは、2012年から2014年にかけてフランクフルトに籍を置いていた。そして乾も2012年から2015年まで同クラブに所属しており、プレーの感覚は頭に染みついている。何より、レッキーの攻撃性能を逆手に取ることができるのでは、とシミュレーションしている。

 

 

 

「臨機応変に、サイドバックとの連係が大事」

 

「3バックの右の選手と1対1になるケースが出るんじゃないかな、と自分のポジションのなかでは思っているので。そういうところは突いていきたいし、仕掛けていきたいなと思います」

 

 レッキーが空けたスペースから侵入し、ミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス)との1対1で優位に立てば、チャンスは自ずとできあがるのだ。

 

「臨機応変にやっていかないといけないですし、サイドをうまく使いながら、サイドバックとの連係が大事になってきます」

 

 乾は長友佑都(インテル)、もしくは酒井高徳(ハンブルガーSV)の起用が予想される左サイドバックとの連動で崩すことが大事と語った。イメージを膨らませる“左ルート攻略”がW杯への道を切り拓くのか。オーストラリア戦の命運を分ける、一つのポイントとなりそうだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

フットボールゾーンウェブ