アクタスの役員にはバンダイビジュアルのプロデューサー・湯川淳さんの名前(アクタス公式サイトより)
ねとらぼ

 バンダイビジュアルがアニメ制作会社・アクタスを買収していたことが9月4日、関係者への取材で分かりました。

【拡大画像や他の画像】

 アクタスは人気アニメ「ガールズ&パンツァー」(ガルパン)や、現在放送中のアニメ「プリンセス・プリンシパル」などを手掛ける制作会社。

 バンダイビジュアルの担当者によると、9月1日にバンダイビジュアルがアクタスの株式を100%取得し、子会社化したとのこと。同日開かれたアクタスの役員会をもってバンダイビジュアルのプロデューサー・湯川淳さんが非常勤の取締役に就任した他、新体制がスタートしています。

 バンダイビジュアルは「重要IP(インテレクチュアルプロパティ=知的財産)であるガルパンを伸ばしていきたい」との考えから買収を決断したといい、「アクタスの企画力を買っている。今後は優良IPの創出を目指したい」とねとらぼの取材に明かしました。

全文を表示