胸に2つの搾乳機を装着し、“搾り立ての母乳”を飲ませる女性が現れ注目を集めている。

アメリカの奇祭として知られる「バーニングマン」。様々な人たちが思い思いの自己表現を繰り広げることで名高いが、“搾り立ての母乳”を販売している女性もまた、このイベントを構成する表現者だった。

新しい生理用のショーツなどを開発する会社の設立者でもあるミキ・アグラワルさんは、「バーニングマン」の会場に現れ、3時間ごとに自らの母乳を搾乳機で搾り、40人ほどの人たちに飲んでもらった。ある人は二日酔いを覚ますために。また、ある人はカフェラテにするためにもらっていったという。

アグラワルさんは「搾乳はなぜかタブー視されているけれど、偉大な子育ての作業の一つ。世界にもっと知ってもらえれば、と思っています」と自身のSNSでコメントしており、ネットでは「すごいね。産地直送だ」「母親のたくましさを感じる」「この搾乳機付きブラ、これで外には出る気はしないけれど、家の中なら便利な気も」「ボインはおとうちゃんのものとはちがう」「人の母乳を飲むのはちょっと抵抗あるなあ」といった様々な意見が寄せられている。