「ドラゴンクエストX」が本郷奏多主演で実写ドラマ化
ねとらぼ

 「ドラゴンクエスト」シリーズ初のオンライン専用ゲームである「ドラゴンクエストX オンライン」が、俳優の本郷奏多さん主演で実写ドラマ化することが決定しました。

【拡大画像や他の画像】

 同ドラマは、ドラクエXの5周年を記念して、プレイヤーから募集した“奇跡”のようなエピソードを映像化するプロジェクト「冒険者たちのきせき」の第2弾。本郷さん演じるフリーターの青年が、ドラクエX内でとある看護師の女性と出会い、チャットを重ねる中で徐々に自身の現状を見つめ直していく成長物語となっています。

 タイトルは、ドラクエシリーズおなじみの“職業”に掛けた「どの職業で戦うか迷う話」。ゲーム内では“僧侶”として仲間から頼られる存在ながら、現実ではフリーターというギャップに葛藤する主人公とリンクしています。現実じゃホイミは使えない……。

 主演の本郷さんは、「映像がとても綺麗な作品になっているので、きっと物語の中に入り込めることと思います。是非観ていただけたら嬉しいです」と映像美が要チェックとコメント。9月9日に放送のフジテレビ系列「FNS27時間テレビ にほんのれきし」では、24時台に地上波史上最長の360秒テレビCMも放映されます。

全文を表示