経緯の説明
ねとらぼ

 オンラインゲーム「ブレイドアンドソウル(Blade&Soul)」が、ファッションブランド「NO.S PROJECT」が今夏発表した新作アイテム「セーラービーチウェア」のデザインを盗用したとされる問題で、双方から公式コメントが発表されました。

【画像】盗用の指摘があった衣装

 盗用されたのではないかと話題になっていたのは8月16日からゲーム内に実装された衣装アイテム「月の海」の女性キャラクター着用時のデザイン、「満月紀行」着用時のデザイン。

 実装直後から、「NO.S PROJECT」のセーラービーチウェアを知るユーザーから「似ている」と指摘が挙がり、「NO.S PROJECT」への問い合わせが殺到。公式Twitterで「公式コラボは行っておりません」と発表され、事態の雲行きが怪しくなっていました。

 その後「ブレイドアンドソウル」の日本国内でのサービス運営を手がける「エヌ・シー・ジャパン」と「NO.S PROJECT」の間で協議が行われ、9月7日になって双方から問題が発生した経緯と今後についてのお知らせが公開されました。

 エヌ・シー・ジャパン側は「『月の海』『満月紀行』も同様のデザインコンセプトであると判断致しました」「内容を精査した結果、『月の海』の女性キャラクター着用時、および『満月紀行』着用時におけるデザインの酷似が認められました」と、全面的に否を認めたもよう。

 「日本でセーラー服を模した水着に人気がある」とセーラービーチウェアを紹介した韓国のニュースサイトの記事を見た開発元がデザインの資料としたものが、アイテム制作を進めるなかでデザイン案の中に混入してしまったことが原因としています。

 エヌ・シー・ジャパンからNO.S PROJECTへ正式に謝罪があり、両陣営の間で協議の末、盗用問題は解決となりました。

 しかし、ここから異例といえる新展開が。「NO.S PROJECT」の代表・山名 和子さんから、「NO.S PROJECTのブランドイメージを大切にして頂けると判断致しましたので、協議の上、業務協定基本契約書を交わしましたことを併せてご報告いたします」と発表され、問題となった衣装アイテム「月の海」「満月紀行」を公認すること、「ブレイドアンドソウル」との間で正式なコラボレーション企画が行われることが明らかになりました。

 コラボレーションの内容は、問題となったコスチューム2点に「月の湖」を加えたゲーム内の衣装アイテム3点セットに、「NO.S PROJECT」のセーラー服をモチーフにしたデザインで人気のポーチ「セーラーカラーマリンポーチ」を抽選で5人にプレゼントするというもの。まさかの現物です。

 さらに「NO.S PROJECT」が手がけるアイテムがゲーム内に実装されることも決定しており、スカートやワンピースなど、全10アイテムを対象にユーザー投票を受け付ける特設ページがオープンしています。

 盗用問題が円満に解決しただけでなく、一歩踏み込んでコラボ企画にまで発展させる形で問題解決を迎えることは珍しいこと。

 双方のファンからも無事に解決したことを安堵するとともに、新たな企画が動きだしたことを喜ぶ声も挙がっており、この件は円満な解決を迎えることが難しい盗用問題における好例の1つとして記憶されそうです。

全文を表示