若い美容師「外国へ行く」⇒ 海外旅行ではなく、そこには“悲しい理由”があった
バイレーツ

日本ではコンビニより店舗数が多いという、美容室。

そんな美容室で働く若い美容師さんから「外国へ行く」という話を聞いた、ぽんた (@Pontamama12345)さん。

海外旅行にでも行くと思ったらしいが、どうやら違うようだ。

美容師さんが外国へ行く、その理由とは・・・?

若い美容師さんが外国へ行くと言う。「海外旅行?いいね!」と言うと「いいえ。働きに行きます」と。
「週2回働けば今と同じ給料がもらえるので。日本にいると働いても働いても生活は苦しいから」
ほら。優秀な人材が流出していくよ…
こんなに働いても生活が苦しい先進国なんて、ある?

— ぽんた (@Pontamama12345) 2017年9月10日


なんと、働きに行くという! ちなみに国は、オーストラリアだそうだ。

美容師さん曰く「週2回働けば今と同じ給料がもらえるので。日本にいると働いても働いても生活は苦しいから」と。

たしかに筆者の友人の美容師数人も、「給料は安い」と嘆いている。それが原因で海外へ行った人もいたし、美容師を辞めてしまった人もいた。

・・・これが日本の現実なのである。

■Twitter上の反応

美容師さん、みんな言ってる。 https://t.co/WtFyxhEWxI

— shimomuu (@sxm583) 2017年9月11日

私が住んでいる地域は、週6でフルで働いても、年収200万円以下の求人がほとんど。
実際は、週2〜3日という求人が多く、週40時間働けるだけでもありがたいのですが、現実厳しいです。
求人有効倍率って、実際はこんな内容が少なくない様な気がします。

— てんねん2 (@ilovebergdog) 2017年9月11日

独立した方が儲かるって聞いたなぁ….
それでも海外の方が儲かりそう。てかこれだけ優秀(だと思われる)な人材を簡単に手離すって時点で経営者は無能すぎる https://t.co/wineARgeUB

— ダッツ (@kazif0903) 2017年9月12日

看護師、美容師、寿司職人はビザの枠があるので海外移住しやすい。普通に難関大学を卒業した人よりも将来、ラクに生活できたりして…https://t.co/EF8egCswNc

— Nemesisネメシス (@zodiac0088) 2017年9月11日

日本の美容師は一定以上のレベルがないと免許が出ませんからね。同じエントリーレベルと言えども海外とはレベルが全然違う。だから海外に行っても通用するんですよねー。 https://t.co/xtXUI4clWH

— PeonyRei (@PeonyRei) 2017年9月11日

日本のサロンだと30歳までで手取り20万越えない人がほとんどですからねしかも社会保険、ボーナスなし☺休日は月4~6程度。毎日お店にいる時間は約15時間程度。

でも結局経営者だけの問題じゃなくて消費者の過剰要求にも大いに問題がある。業界問わず。#美容師 #海外 https://t.co/NAqOmJopA5

— Taka【NEXUS】 (@rrrtttfffkkk) 2017年9月11日

控えめに言っても日本終わってる以外の言葉が出てこない https://t.co/B0sAojQdRo

— ニー太朗×ニー活 (@neetarouneekatu) 2017年9月11日

もちろん海外も甘くはない世界だと思うが、“給料”という面でみれば魅力的だろう。

日本ではもっと給料をあげるべきではないだろうか。美容師に限った話ではないが・・・。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

全文を表示