死んだ後、我々には“次の人生”が待っているのだろうか? それとも死は電池を消耗し尽くした懐中電灯のように単純に“ブラックアウト”するだけなのか? この人類史的スケールの問いに気鋭の物理学者が「死後の世界は存在しない」と断言している。


■キャロル教授「脳内の情報を死亡後に維持する方法はない」

 古来よりあまたの土着文化や宗教によって“死後の行き先”の存在が示され、決して少なくない信仰において“死後の世界”はもはや前提となっている。死者を弔う儀式、いわゆる葬式も多くの場合、死者を次の世界へ“送る”というコンセプトで執り行われている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/09/post_14397.html】

 しかしこの“前提”に異を唱えるサイエンティストの発言が話題を呼んでいるようだ。その主張するところによれば死後の世界が存在すると考えるのは不可能であるというのである。

 米・カリフォルニア工科大学の物理学者で宇宙学者でもあるシーン・キャロル教授は、物理学の法則を広範に研究した末に、死後の世界にまつわる議論に自ら終止符を打った。その結論とは、死後の世界は存在しないということだ。

「日々の出来事の基礎となる物理学の法則は完全に理解されており、すべての出来事は可能性の範囲内で起こっています」と英紙「Express」の記事で言及するキャロル教授によれば、もし死後の世界が存在するのであれば、我々の“意識”が肉体から完全に分離できるものでなければならないが、物理学の見地からそれは不可能であるという。

 キャロル教授によれば我々の意識もまた究極的には原子と電子の組み合わせによる現象である。そして宇宙の基本法則は、我々の肉体的な死後に肉体から分離した要素の存在を許さないということだ。

「私たちの肉体が死んで構成原子レベルに崩壊した後にも、何らかの“意識”が存在し続けるという考え方には、途方もない無理があります。日常生活の基礎となる物理法則は完全に理解されており、脳内に保存されている情報を死亡後に維持する方法はありません」(シーン・キャロル教授)

 キャロル教授がその主張の論拠としているのがQFTと略される「場の量子論」(Quantum Field Theory)である。極めて大雑把に場の量子論を説明すると、どのような粒子やエネルギーも一定の“場所”を占めているとする考え方だ。光子であれ電子であれ、質量がないように思われる最小構成要素にも自分だけのテリトリーがあるということになるのだ。

 したがってもし“死後の世界”があるならば、場の量子論的には死後の世界や魂の“場所”がなければならないことになるが、そのような“スピリチュアル”な場所はこの宇宙に存在しないという。場の量子論を含む物理法則の観点からは、死後に肉体から何らかの要素が分離して生き延びる方法も場所もないということになるのだ。


■宗教と科学の融合には新たな議論が必要とされている

 宗教やスピリチュアルな世界をバッサリと一刀両断にしているキャロル教授の物言いだが、決して頭から宗教や信仰を否定しているわけではないようで、新たな段階の議論が始まることもまた期待しているようだ。

「死後の世界を信じるためには物理学の標準モデルを超えた理論が必要になります。最も重要なのは“新しい物理学”が私たちの知識と相互作用するための何らかの方法が必要だということです。場の量子論にはこれまでの知識と相互作用する“スピリチュアル”な要素はないのです」(シーン・キャロル教授)

 キャロル教授によればこうした理解がすべてのサイエンティストに行き渡った暁には、人間の精神の働きを理解する新たな時代が到来するということだ。

「現代科学の知識とまったく両立しない“スピリチュアル”な考え方に対してなにも不可知論者になる必要はありません。こうした非科学的なものに対する態度を克服できれば、人間と意識がどのように機能しているか、もっと興味深い研究分野が拓けています」(シーン・キャロル教授)

 自らを詩的自然主義者(poetic naturalist)と呼び、無神論者であることを公にしているキャロル教授だが、過去には仏教徒の学者との対談や、宗教と科学の関係を話し合う会議にも参加している。これらのことからも、決して宗教を否定しているわけではなく、宗教と科学の関係はこれまでと異なる新たなステージで話し合われるべきであるという立場をとるようだ。

 宗教と科学の融合については、チベット仏教のダライ・ラマ14世をはじめ各界から今後の人類にとって重要な課題であることが指摘されている。この分野においてキャロル教授も重要なキーパーソンになったと言えるのかもしれない。今後の事態の進展にも注目したい。
(文=仲田しんじ)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

イメージ画像は、「Thinkstock」より