ジャニーズ公式サイトのトップには赤字で「大切なお願い」が(ジャニーズ・ネット公式サイトより)
ねとらぼ

 ジャニーズ事務所は9月13日、所属タレントが移動する際の過激な追跡行為をやめるようファンに呼び掛けた文章を、公式サイトのトップページで公開しました。その追跡行為の例には「スタッフに向けてエアガンを発砲する行為」もあり、ネットでは「どういうことだ」「恐ろしい」と衝撃を受ける声があがっています。

【「エアガン」がネットで話題に】

 文章は「大切なお願い」という赤字のタイトルで公開。追跡行為はこれまでも絶対にやめるようお願いしてきましたが「残念ながら過激な迷惑行為は依然として目撃されています」として、実際に発生している事例を次のように紹介しました。

・飛行機、新幹線でタレントに近い席を取り、立ち上がってのぞき込む行為

・新幹線の車内でタレントの乗車車両の前後のデッキに留まり、一般人の通行を妨げる行為

・タレントの写真、動画を撮影し続ける行為

・タレントに故意にぶつかったり、抱きついたりする行為

・マネジャー、警備員、ファンクラブサポートスタッフの注意を無視して、追跡を繰り返す行為

・スタッフに向けてエアガンを発砲する行為

・一般の乗降客を巻き込み迷惑を掛ける行為

・タレントを乗せた移動車両を白タクなどで追いかける行為

 中でも特にネットでは、「スタッフに向けてエアガンを発砲する行為」という部分に悲観する声が続出。「どんな神経をしているんだ」「さすがに犯罪では」「それはもうファンでもなんでもない」とひときわ驚く声があがっており、Yahoo!リアルタイム検索キーワードの上位に「ジャニーズWeb」に続いて「エアガン」がのぼる事態となっています。

 「過激なつきまとい行為は明らかに危険な行為で、大きな事故が起きる恐れがあります」と同事務所。タレントが日々の移動に不安を覚えたり、一般人に迷惑を掛けてタレントの評判が落ちたり。最悪の場合、コンサートの開催中止勧告を受けたり、タレントが公共交通機関を利用できなくなるとして、あらためて過激な追跡行為は絶対にやめるよう注意喚起しました。

全文を表示