画像提供:マイナビニュース
マイナビニュース

今年画業50周年を迎える永井豪氏のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』。2018年1月13日(土)より全国公開となる本作より、新たに生まれ変わった最新の「マジンガーZ」全形が明らかになる<ポスタービジュアル>が公開された。

完成したポスターは、倒壊した建物と思われる瓦礫の中腹に立つマジンガーZの姿が! 倒した機械獣の頭部と思しき機械片を手に、この後、巨大な敵に挑みかかろうという、まさしく激しい闘いの中の一瞬の静かな緊張感を捉えたビジュアルとなっている。工場地帯をバックに立つ復活したマジンガーZは従来のものと一見同じプロポーションにみえるものの、シェイプされたボディラインと動きのリアリティを増した関節周りの造形が特徴で、より躍動的な印象を与える。

日本に先立って海外での先行公開が決定しているのは、先のベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した、ギレルモ・デル・トロ監督(「パシフィックリム」)と永井豪氏との奇跡の対談が実現した世界最大規模のアニメ映画祭として名高い「アヌシー国際アニメーション映画祭」の開催地でもある<フランス>をはじめ、永井豪氏が特別招待され、10月26日より開かれる「ローマ国際映画祭」の開催地<イタリア>での公開が決定している。

また、"体感型"映画上映システムとして注目を集める「4DX」「MX4D」「D-BOX」それぞれの形態での上映も決定。映画のシーンに連動して前後&上下左右様々な動きを繰り出すシートに加え、「4DX」「MX4D」では臨場感を演出する「風」「水(ミスト)」「香り」「煙り」など、様々な特殊効果によって映画の中に入り込んだような体験ができ、実際に「マジンガーZ」を操縦(パイルダーオン)している気分になれるかも!? 劇場の巨大スクリーンで復活を遂げる最新の「マジンガーZ」の勇姿を、体全体で味わって堪能しよう。

全世界注目の、永井豪画業50周年プロジェクト『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は2018年1月13日(土)より全国公開予定。各詳細は公式サイトにて。

(C)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会

全文を表示