実はかなりレアなアーケード版「マリオブラザーズ」
ねとらぼ

 Nintendo Switchで往年のアーケードゲームが遊べる、ハムスターの「アーケードアーカイブス」シリーズから、任天堂の「マリオブラザーズ」が登場することが分かりました。さらに今後、「VS.スーパーマリオブラザーズ」など、任天堂の他のアーケード作品も順次配信していく予定とのこと。

【画像:アーケードで稼働していた「VS.スーパーマリオブラザーズ」】

 9月14日に放送された「Nintendo Direct」の中で発表されたもの。「マリオブラザーズ」は任天堂が1983年にリリースしたアーケード用タイトルで、はじめてマリオの名前がタイトルに冠された、マリオシリーズの原点ともいえる作品です。その後ファミリーコンピュータなどさまざまな家庭用ハードに移植されましたが、本家アーケード版そのものの配信はかなりレアと言えそうです。

 「Nintendo Direct」内では上記タイトル以外にも、「VS.アイスクライマー」や「バルーンファイト」「ピンボール」「パンチアウト」の映像を確認。第1弾「マリオブラザーズ」は762円(税別)で9月27日よりダウンロード版が配信予定です。

※画像はNintendo Directから

全文を表示