ハリウッドのとあるキャスティングディレクターが、アジア系俳優が起用されにくい理由について「アジア系俳優は表情が乏しい」と語ったことが、Twitter上で大きな波紋を呼んでいる。

白人化と批判を受けて『ヘルボーイ』降板したエド・スクライン【写真】

 ハリウッドでは、白人以外の人種の役に白人俳優が配役される白人化(ホワイトウォッシュ)が問題視されてきたが、なかでもアジア系キャラクターを白人が演じることがたびたび起きていることについて、エンタメ系電子雑誌「Paste」が記事を掲載。その中で、社会学者ナンシー・ワング・ユエンの著書「Reel Inequality: Hollywood Actors and Racism」からの引用として、ハリウッドの匿名キャスティングディレクターによる「さまざまな人と仕事をしているけど、アジア人を配役するのは難しい。ほとんどのキャスティングディレクターがアジア系俳優は表情が乏しいと感じている」という発言が紹介された。

 すると、その発言を目にしたアジア系アメリカ人は猛反発。Twitter上では「表情豊かなアジア人」を意味するハッシュタグ「#ExpressiveAsians」とともに、ハリウッドで活躍するアジア系俳優の画像や、自らの表情豊かな写真を投稿する運動が盛り上がりを見せた。

 ハリウッドでは、日本の人気SFコミック「攻殻機動隊」を実写映画化した『ゴースト・イン・ザ・シェル』で主人公にスカーレット・ヨハンソンがキャスティングされた際に批判が起きたり、ごく最近ではリブート版『ヘルボーイ』で日系アメリカ人のベンジャミン・デミオ役をイギリス人俳優のエド・スクラインが務めると報じられたものの、後にエドが降板を発表する騒動があった。(編集部・石神恵美子)

画像は『ゴースト・イン・ザ・シェル』で主演を務めたスカーレット・ヨハンソン - Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ