ふんどしファッションショー開催へ
J-CASTトレンド

2016年に東大院生2人によって創業された、ふんどしの製造・販売・プロモーションを手掛ける「ふんどし部」は、2017年10月29日に、世界初のふんどしファッションショー「FFF」の開催に向け、「Makuake」にて、9月9日にクラウドファンディングを開始した。

なぜふんどし?

ふんどし部によると、ふんどしはトランクスやパンティーなどの下着と比べて、通気性が高く開放感があり、鼠蹊部(そけいぶ)を締め付けないことから、冷え性やむくみといった不調に効果があるとして女性にも人気が出ているという。

しかし、その古臭いイメージからか若年層の実際の使用度は依然として低く、ふんどし部は世界的に活躍するデザイナーやスタイリストと協働して、ポップカルチャーの中心地である渋谷でふんどしファッションショーを開催することを決めた。

イベントの開催日時は、2017年10月29日18時~22時まで。ファッションショーや、「世界ふんどし脱ぎ方コンテスト」などの企画を実施し、イベント終了後にはそのままふんどしで渋谷ハロウィンの街へ出歩き、翌朝ゴミ拾いを行う予定だ。

開催場所は、東京都渋谷区渋谷3-27-1 「100BANCH」3F LOFT。

クラウドファンディングの目標金額は180万円、定員は150人。

リターンは多種多様で、3000円の参加チケットをはじめ、ふんどし部が製造・販売するオリジナルふんどしがもらえるリターンや、弾き語り付きメッセージ動画とふんどしマンサイン入りブロマイドがもらえる500円のリターン、スポンサー広告が出稿可能な30万円のリターンなどがある。

2017年9月14日13時30分現在、サポーター48人により39万2000円が集まっている。クラウドファンディング、イベント開催当日まで続く。<J-CASTトレンド>

全文を表示