【大きい画像を見る】スイッチ版『DEEMO』9月21日に配信決定! 年内アップデートでコントローラー対応モードを予定

フライハイワークスは、ニンテンドースイッチソフト『DEEMO』の配信日を明らかとしました。

『Cytus』や『Implosion』、『VOEZ』などを手がけた「Rayark」が開発したミュージックリズムゲーム『DEEMO』。これまでスマホ版やPS Vita版などがリリースされていましたが、このたびスイッチ版『DEEMO』の配信日が9月21日に決定。価格は3,000円(税込)です。



収録楽曲は200曲を超え、無料アップデートによる楽曲追加も行われます。また、コントローラー対応モードが年内アップデートにて追加予定。アップデート第1弾は、2017年冬頃に実施されるとのこと。本作をプレイしながら、新たな刺激の到来を待つのがお勧めです。

そして、ゲームメーカー・Rayarkによる祭典「RayarkCon 2017」が12月に台湾で開催されますが、その実施に先駆ける形で、10月29日に東京でのプレパーティを開催します。本公演への参加は事前抽選にて行い、入場無料で招待。詳細については、続報をお待ちください。

◆『DEEMO』ゲーム概要
【ストーリー】

主人公・Deemo(ディーモ)は、城で独りピアノを奏でる謎の存在。そんな孤独な彼のもとに、ある日突然、空から記憶喪失の少女が舞い降りた。少女を上の世界へ帰してあげたいと悩むDeemo。

その時彼は、ピアノを弾き、曲を聴かせると成長する不思議な芽があることに気がついた。その芽が木となり、天井の窓まで届くほどに育てば、少女を元いた世界に帰すことができるかもしれない。


少女との触れ合いの中、人の温かさを知ったDeemoと記憶を取り戻した少女が迎える結末とは? これは2人の、不思議で少し切ない物語──。

【ゲームシステム】
■様々なジャンル、様々な難易度の楽曲
日本・台湾のクリエイターにより生み出された様々なジャンルの楽曲を200曲超収録。音楽ゲームに慣れている人に限らず、あまり慣れていない人でも、自分のスキルに合わせて全楽曲を存分に楽しんでプレイできるように、楽曲の難易度は[Easy][Normal][Hard]の3種類から選択することが可能です。

※一部の楽曲には[Hard]よりさらに難しい[Extra]難易度が用意されています。

■操作方法


演奏パートでは、画面奥から沢山のノーツが流れてきます。ノーツが画面下の判定ラインと重なったときにタッチすることで、スコアを獲得することが出来ます。ノーツは楽曲のメロディやリズムに合わせた配置で流れてくるので、ノーツに合わせて正確にタッチすることで、まるで自分が演奏しているかのように楽しむことが出来ます。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=3mz3MUL_VEs

(C)Rayark Inc.
※アップデート内容は現時点の予定です。予告なしに変更する可能性がございます。予めご了承ください。【ほかの画像を見る】スイッチ版『DEEMO』9月21日に配信決定! 年内アップデートでコントローラー対応モードを予定

スイッチ版『DEEMO』9月21日に配信決定! 年内アップデートでコントローラー対応モードを予定