AWS対応やHCIとの競合、オールフラッシュ戦略をティントリCTOに聞く
ASCII.jp

【元記事をASCII.jpで読む】

仮想マシンに特化したストレージとして進化を続けるティントリ。新製品「EC6000シリーズ」やオールフラッシュアレイ製品の戦略、パブリッククラウド対応、HCIとの競合など、9月19日に開催されたプライベートイベント「Tintricity 2017」に合わせて来日したティントリCTOのキーラン・ハーティCTO、ティントリジャパン 職務執行者社長 河野 通明氏に話を聞いた。(以下、敬称略 インタビュアー アスキー編集部 大谷イビサ)

欧米のユーザーはすでにオールフラッシュしか考えていない

大谷:昨日はティントリユーザーのイベント「Tintricity 2017」に私も登壇させていただきましたが、ユーザーの「ティントリ愛」が伝わるすばらしいイベントでした。まずはハーティさんの感想を聞かせてください。

ハーティ:素晴らしいイベントだった。お客様とも話せたし、お客様同士がいろいろ話せる場所を提供できた。

河野:昨日がTintricityの第3回だったのですが、2回目に比べほぼ倍の参加者数になりました。あのイベントでわれわれが一番ほしかったのは、お客様同士の情報交換の機会です。イベントをきっかけに今後ユーザー同士の情報交換がもっと進めばいいなと思います。

大谷:さて、おととい発表されたばかりのEC6000シリーズも含め、オールフラッシュアレイの製品計画について教えてください。もともとティントリはHDDとSSDのハイブリッドがメインだったと思うのですが、かなりオールフラッシュに舵を切っている印象があります。

ハーティ氏:オールフラッシュアレイに対するユーザーの声に耳を傾けた結果、なにより製品のプライスが重要だと考えた。だから、最新のオールフラッシュアレイは、ハイブリッドと同じ価格帯で出すことにした。

今でも弊社のハイブリッドアレイはいい製品という自負はあるが、同じ価格でより高いパフォーマンスが出せるのであれば、ユーザーはオールフラッシュアレイを積極的に導入していくはずなので、ティントリとしてもオールフラッシュアレイに舵を切っていきたい。

重要なのは、ハイブリッドも、オールフラッシュも同じOSが動いていることだ。昨日は両者の技術的な違いを意図して話さなかったが、既存のハイブリッドユーザーも同じようにオールフラッシュを利用できるし、移行も容易だ。これは魅力的な提案だと思う。

大谷:予想以上にオールフラッシュアレイのニーズが高いということでしょうか?

ハーティ:実際、VMworldで聞いたところ、米国やヨーロッパのお客様はすでにオールフラッシュアレイしか考えてない。昨日のイベントでもお客様の動向をヒアリングしたが、オールフラッシュアレイの導入意向が意外と低いのはとても意外だった。でも、今後コスト効果も高くなってくるので、日本のお客様も変わってくると思う。

河野:日本のお客様もオールフラッシュをいやがっているわけではないのですが、移行する理由を確立されていない印象があります。ハイブリッド製品でも、フラッシュへのヒット率が高ければ、性能面でのペナルティもないので、その意味で既存製品の満足度が高かったのだと思います。

大規模なシステムではHCIのメリットは失われてしまう

大谷:昨日のイベントで意外だったのは、他社のオールフラッシュアレイではなく、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を競合として意識していた点です。実際に、HCIと当たるような案件が増えているのでしょうか?

ハーティ:確かに以前は他のオールフラッシュアレイと比較されることが多かったが、最近はNutanixやvSANなどのHCIと競合することが増えている。オールフラッシュアレイの場合は、パフォーマンスで比較されていたが、HCIに関しては、簡単に使えるかで比較されることが多い。

われわれの見方では、HCIは小規模なシステムではうまく動くが、大規模なシステムでは高価で、複雑になってしまうという課題がある。安くて、簡単というHCI本来のメリットが失われてしまうのだ。実際、現在のHCIが単一エリアで対応できるのは最大で64サーバーだが、ティントリは最大で1000サーバーまでサポートしている。そのため、大規模なシステムであれば、ティントリの方が優れている。

河野:昨日のイベントも、お客様の関心を元にプログラムを作ってきた結果、プログラムの多くにHCIに関しての内容が組み込まれました。やはり日本ではHCIの興味は高いと思います。でも、Tintricityに参加したお客様の声を聞く限り、今キーランが話したのと同じHCIの限界を感じているようです。一方で、小規模なシステムでHCIが最適な領域があるのも理解できました。

データセンターでパブリッククラウドと同じメリットを提供する

大谷:EC6000シリーズに関する大きなトピックとして、パブリッククラウドへの対応があると思うのですが、これはかなり以前から計画されていたのでしょうか?

ハーティ:パブリッククラウドへの対応は2016年頃から計画を始めた。昨年、大手のお客様と話したところ、ほとんどのお客様はパブリッククラウドを意識しており、AWSに大きなシステムをデプロイし始めていた。であれば、われわれの製品もパブリッククラウドに対応すべきだと考え、今回のAmazon S3へのレプリケーション機能をリリースした。

今回のレプリケーションはファーストステップで、今後さまざまな形でパブリッククラウドにつなげていく。プロトタイプでは、AWSにデータを置いたまま、2つのサイトでデータをレプリケーションしたり、オンプレミスのプロダクションとAWSの開発環境でデータを同期するといったことを試している。プランニングツールの「Tintri Analytics」もAWS上に構築されている。

大谷:今後、ストレージベンダーはパブリッククラウドとどうつきあっていくべきでしょうか?ともすれば、パブリッククラウドにすべてのワークロードが移行してしまう危険性もはらんでいると思いますが。

ハーティ:注意しなければならないのは、パブリッククラウドは概してコストが高くなるという点だ。CEOやCIOも別にパブリッククラウドを使いたいわけではなく、同じことをスピーディに行なえるのであれば、データセンターでも問題ない。パブリッククラウドと同じことをデータセンターで実現できるわれわれの「エンタープライズクラウド」の提案は利用価値も高いはずだ。

河野:昨日のイベントでもパブリッククラウドを利用しているお客様は少なくなかったのですが、やはりポリシーを持って使い分けているお客様は多かったと思います。こうしたお客様にとってみたら、やはりエンタープライズクラウドの提案はまさに的を得たものだと思います。

大谷:EC6000の発表では、まずAWSとIBMのクラウドに対応していますが、この背景を教えてください。他のパブリッククラウドへの対応もお聞かせください。

ハーティ:85%のお客様はAWSを使っているので、そのニーズに応じたものだ。IBMに関しては、オブジェクトストアの認知度が高いので、今回対応することにした。Tintri Connectは技術的にはどのクラウドにもつなげられるが、今のところ次の予定はまだない。

HCIは簡単だが、ティントリはもっと簡単

大谷:最新のTintri OSはAPIを用意しており、外部のサービスと連携できるようになっています。実際、昨日はチャットボットでTintri VMstoreの設定をするビデオが流れていて、未来を感じました。こうしたAPI提供の狙いを教えてください。

ハーティ:今までは「APIは使えた方がよい」という意見だったが、現在では「APIは必ず使えなければならない」という常識になってきている。たとえば、Skypeにつなぐといったことも技術的にはそれほど苦なく利用できる。今後は活用がどんどん進んでいくと思う。

大谷:使いやすさはティントリの大きな売りですが、最近は自動化という点も積極的に推し進めていますね。

ハーティ:自動化は管理者の管理の負荷を下げるほか、ソフトウェアでのタスクを低減するために有効だと考えている。システムの状態をつねに見ながら、マネジメントをやりやすくするのが目的だ。GUIは現在、Flashベースだが、来年に向けてHTML5ベースで書き換えているので、期待してほしい。

大谷:あと、T6000と異なる「T1000」という新製品が出てくるという情報がイベントで出てきましたが、その話もぜひ教えてください。

ハーティ:T1000は10TB、100VMまでカバーするオールフラッシュアレイだ。シリーズではなく、単体製品になる。グローバルで共通の要望であったブランチオフィス(ROBO:Remote Office &Branch Office)や小規模VDIでの利用を想定した製品だ。

たとえば、病院の場合、患者のセンシティブなデータが多いため、データセンターにシステムを置けないというお客様もいる。しかし、患者が多くなると、データの出し入れが多くなるため、I/0が必要になる。ここでT1000のオールフラッシュの性能が活きてくる。

大谷:データセンターにデータを置けないという話は、イベントで立ち話をした大学の情シスの方も同じような話をしていました。先ほど話していたHCIの領域でも、競争力のある製品ですね。

ハーティ:確かに小規模な案件ではHCIと当たるので、営業の現場ではパワフルな商材となるだろう。HCIも簡単だが、ティントリはもっと簡単だ。

全文を表示