この迫力
ねとらぼ

 米国ミネソタ州に住むクリストファー・クライリーさんが世界一大きなニンジンの収穫に成功したとして、ギネスワールドレコーズに認定されました。巨大ニンジンと笑顔のクリスさんのツーショット写真が公開されています。

【画像】机に置くと縮尺が狂って見える

 ニンジンの重量は10.17キロ。クリスさんと並ぶと頭のてっぺんからお腹付近までの全長となっており、かなりの迫力。巨大な芯を中心に、螺旋状に複数のニンジンが巻きついているような形状となっており、クトゥルフ神話的な神々しさすら感じます。

 気になる栽培方法についてクリスさんは「『放射性廃棄物を利用した』的なコメントを期待されそうですが、大事なのは土壌、種、天気、そして少しの幸運ですよ」と冗談交じりに説明。本格的な家庭菜園を始めたのはわずか3年前で、巨大野菜の挑戦を始めてわずか2年での記録樹立だったとのことです。

 ニンジンはクリスさんの義理の母親が味見したそうですが、残りの大部分は種を採取するために再び畑に植えたとのこと。無事種が採取できたら、巨大ニンジンにチャレンジしている世界中の園芸家に配り、さらに大きなニンジンの育成に役立てたいとのこと。

 記録達成についてクリスさんは「自分より知識豊富な人はたくさんいる」と謙遜しつつ、先人の知識の良いところを参考に記録が達成できたことを喜んでいます。ニンジンの他にも巨大トマトと巨大カボチャに挑戦しているそうで、今年(2017年)は約3.2キロのトマト収穫に成功したそうです。残念ながらトマトは約0.68キロほど世界記録に及びませんでしたが、世界でも10〜15個ほどしか存在しないサイズだったこともあり、世界記録更新に意欲を見せています。

 カボチャについてはまだまだ改良点が多く残されてるとしつつも、クリスさんが娘3人とカボチャに乗っている写真も公開されており、写真からは十分巨大なサイズに育っていることが確認できます。こちらも今後の記録躍進に期待が持てそうです。

出典(引用):ギネスワールドレコーズ

全文を表示