文芸春秋社の松井清人社長が13日に開かれる全国図書館大会東京大会で、文庫本の売り上げが低迷しているので図書館は文庫の貸し出しをやめてほしいと訴えることが、12日分かった。

 同大会のホームページに掲載された松井社長の報告文書によると、近年、文庫を積極的に貸し出す図書館が増えていることを指摘した上で、「それが文庫市場低迷の原因などと言うつもりはないが、まったく無関係ではないだろう。どうか文庫の貸し出しをやめてください」などと要請。読者に対しては「文庫は借りずに買ってください」と呼び掛ける予定だ。 

全文を表示