ニコニコニュース オリジナル

 10月8日に放送されたTBS系列のスポーツ・エンターテイメント番組『SASUKE』。ニコニコ生放送では放送当日に、今回出場した有力選手の川口朋広さん、日置将士さん、漆原裕治さん、番組プロデューサーの大久保徳宏さん、総合演出の乾雅人さん、タレントの常世晶子さんが『SASUKE』を見ながら、コメンタリーを行う番組を放送しました。

 番組内では『SASUKE』4人目の完全制覇者で「サスケ君」のニックネームで親しまれている森本裕介さんが生電話で出演し、今回3rdステージでチャレンジが終了した結果の振り返りや、有力女性選手のジェシー・グラフさんらとの裏話を明かしました。

―関連記事―


『森脇健児』が芸能界から干された理由がツライ。12本あったレギュラーが突然0本に......

板東英二の "プロ野球順位予想" がテキトー過ぎてやばい「神奈川の番組だったら巨人を1位予想したりはしない」

すべての写真付きでニュースを読む

今回のチャレンジは限界まで力を出し切れた

乾:
 森本くん、よく頑張りました。テレビを観ていてどうでしたか。

森本:
 自分の結果が分かっていても緊張しますね(笑)。

常世:
 でもさすがでしたね。

森本:
 今回は限界まで出し切れました。なかなかサスケで力を出し切って落ちるっていうのはないですが、今回はそれができたので幸せでした。

乾:
 幸せか~、みんなそうなの?

日置:
 分かる気がします。

乾:
 今回、練習風景を見させてもらって、練習ではできていたと思うんだけど、やっぱり本番だと違った?

森本:
 全然違いました。ウルトラクレイジークリフハンガー【※】を二回飛んでクリアしたときは「ギリギリいけるかな」って思ったんですけど、バーティカルリミット【※】を両手で掴んだ瞬間、いきなり疲れがきて「これ無理だ......」って(笑)。

※ウルトラクレイジークリフハンガー、バーティカルリミット
『SASUKE』に登場する障害物の一つ。

常世:
 練習と本番は何がそんなに違うんですか。

森本:
 本番ってやっぱり緊張しているんでしょうね。急激に疲れがくるっていうのがあるんです。

大久保:
 あんなに手にすべり止めの粉をつけなきゃいけなかったの?

森本:
 すべって落ちるのがいやだったのと、確実にクリアしたいと思って、作戦通り粉をつけていきました。

乾:
 粉をつけてバーティカルリミットに入るという練習までしていたじゃない。ああいうシミュレーションもするんだね。

森本:
 そうですね、すべての準備をしてから臨んでいます。

サーモンラダー後の指差し確認の意図は?

常世:
 ユーザーの方から「次はクリアできそうですか?」という質問が来ています。

森本:
 クリアできるように練習をしていきます。

常世:
 具体的には?

森本:
 収録後3日後から練習再開しています。今までは現状維持が多かったんですが、自分をレベルアップさせる筋力トレーニングからしっかりやっていかないといけないと思います。

乾:
 森本くんは緻密に計画を立ててやっていくタイプ。それで結果がどんどん伸びていっている。

森本:
 それがすごくうれしいですね。

乾:
 怪物になってきたな。川口が「バケモノだ」って言ってたよ(笑)。

森本:
 ありがとうございます、光栄です(笑)。

常世:
 他に質問ありますか?

日置:
 セカンドステージのサーモンラダーが終わった後の指差し確認は何だったんですか。

森本:
 トランポリン選手の長崎峻侑さんがスパイダーウォークで落ちてしまいまして、その後ろの選手も何人かすべったと聞いたので、「ここは気をつけるんだぞ」と自分に言い聞かせる安全確認の意味で、指差し確認をしました。

日置:
 安全確認したの!?

一同:
 すごい(笑)。

次のページ »女性出場者ジェシー・グラフのヤバさに完全制覇者が残したコメントとは!?

全文を表示