10月13日1:00(木曜深夜)より、 dTFOD MUSIC PROGRAMLOVE or NOT♪」の第5回が、dTVとFODで同時配信中。三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE・今二とベッキーMCを務めている。

【写真を見る】今市隆二とJAY’EDが、プライベートでの交流からアルバム制作秘話を語る!

今回は今が、「同じ事務所に所属し、所属歴では長いが、歌を志していたときにいつも歌っていたほどファン」とJAY’EDがゲストで登場。

■ 今との交流について

初交流をJAY’EDは、「共通の友達のピアニストと3人で六本木ジャズバーに行き『Missing』を即で歌った」とり、今は当時のことを「ファンだったのでド緊だった」と振り返る。また、ベッキーの「その時の印はどうだった?」という問いにJAY’EDは、「お互いブラックミュージックが好き、また好きなアーティストも同じで、ものすごく話が合う。あと、ものすごく気を遣ってくれた」と話し、今も「それこそJAY’EDさんの方が気を遣ってくださり、見るだけで分かるの低さなど、本当にとてもすてきな方だなと思っています」とり、お互いに会った当時から好印だったそう。

JAY’EDの音楽を始めたきっかけとは?

音楽を始めたきっかけについて話が及ぶとJAY’EDは、「高校卒業する時の進路選択であまりやりたいことがなかった。両親から『やりたいことを見つけた方がいい』と言われ、当時友人に“K-Ci&JoJo”のライブに誘われて行ったら感動し、何日たっても余韻が残ったことをきっかけに『歌をやってみたい』と思うようになった」と経緯を明かす。

地元のオーディションに参加した際、スティーヴィー・ワンダーの「Stay Gold」を歌ったと言い、今を「普通ハードル高すぎて歌えない」と驚かせた。

から「(EXILE)ATSUSHIさんとも昔から仲がいいイメージがありますが?」と聞かれると、「DOBERMAN INFINITY(DOBERMAN INC)と東京ライブをすることになり、その会場を見に来ていたATSUSHI君と初めて会い、内心『EXILEがいる! 東京すげー!』と思っていたら、(ライブ当日に)意気投合してに行くことになった」と当時の心った。

さらに、「出会ったその日にJodeciなど海外ミュージックビデオを見ながら、自分が大好きなアーティストについて熱くっているのを見て、その日から音楽性などさらに刺を受け、この日をきっかけに今でも仲よくさせていただいている」と話した。

EXILE ATSUSHIサウンドプロデュースとして入っているアルバムHere I Stand

6月リリースしたアルバムHere I Stand』にATSUSHIサウンドプロデュースとして入っていることについて、「フィーリングなどで感じ取ったものだけではなく、ATSUSHI君はリスナーにどう届けるのか、どう感じてほしいか、ライブを意識しながら制作している」とられると、今は「聞き手の気持ちを考えて制作されているんだな」とファンに対する気持ちに感動していた。

また、今と歌う「P.B.E feat.今二 (三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)」の話では、ATSUSHIとやるのかという話をしたときに最初に出てきたのが今だったことが明らかに。さらに、JAY’EDの「(曲と)向き合ってくれているのが伝わって、うれしかった。フレーズはこうした方がいい、などアイデアを出してくれた」などの制作秘話に今は大喜びだった。

一方、実際のレコーディングでもファン心を抑えていたと言う今が「後半には掛け合いをしたり、一緒に曲を作る事ができたのはうれしかったし、楽しかった」と振り返ると、女性シンガーとフィーチャリングすることが多いJAY'EDは「男性シンガーと歌うことが新鮮でいい刺だった」とった。

そして今回の「TODAY'S LOVE or NOTLIVE」では、JAY’EDが今アルバム収録曲「P.B.E feat.今二 (三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)」を披露。本編でも同曲の魅を今と熱くり合っており、ファン必見の内容となっている。

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE・今市隆二とベッキーがMCを務める「LOVE or NOT♪」第5回のゲストはJAY’ED