チェリーボーイズを演じる前野朋哉、林遣都、柳俊太郎 - (C)古泉智浩 / 青林工藝舎・2018東映ビデオ / マイケルギオン
シネマトゥデイ

 『HiGH&LOW』シリーズやドラマ「火花」などの林遣都が、漫画家・古泉智浩の人気作を実写映画化する『チェリーボーイズ』で主演を務めることが明らかになった。柳俊太郎、前野朋哉と共に20代にして童貞のボンクラ男たちを演じる。

【動画】『HiGH&LOW』ではゴリゴリに凶悪な役に挑む林遣都

 原作の「チェリーボーイズ」(青春工藝舎刊)は、2000年に発表されて以降、“童貞漫画の金字塔”として熱い支持を集めるコメディー。ある地方都市を舞台に、25歳になっても童貞を捨てられない3人の男たちが織り成す、情けないけど愛しくてたまらない、完全にこじらせた青春を描き出す。

 林が演じるのは、自己中心的で見栄っ張りな主人公・国森信一。柳は乳首が大きいことがコンプレックスのビーチクこと吉村達也役を、前野はオタクっぽい外見と内気な性格で女性が苦手な高杉誠役を務める。メガホンを取ったのは、名監督たちの現場で助監督を務めた後に数々のテレビドラマを演出し、今回が長編映画デビューとなる西海謙一郎。脚本は松居大悟が担当した。

 林は『HiGH&LOW』でこれまでにないクレイジーな役どころに挑み、強烈な印象を残したが、「20 代半ばにしてチェリーボーイズと呼ばれる中身も外身もコンプレックスだらけの3人の男達が、諦めかけていた人生、敗れ去った青春を取り戻すべく、必死にもがき苦しみ叫び続ける、情けなくもどこか切ない物語に、沢山勇気を貰いました」と情けない童貞役を楽しんだ様子。「西海監督、そして柳俊太郎さん、前野朋哉さんと共に、魂を込めて悩める童貞青年の思いをぶつけました」と語っている。

 撮影は今年の3月下旬から4月上旬にかけて行われ、柳は「最低でくそったれな3人組が終わりに近づくにつれて、とても寂しく切ない気持ちになったのを今でも覚えています」と述懐。前野も「かつて童貞だったキャスト・スタッフと、現役童貞のキャスト・スタッフで真剣に『童貞』と向き合いました」と撮影を振り返っている。今月の完成を予定しており、2018年2月17日より全国公開される。(編集部・入倉功一)

全文を表示