画像出典:写真AC

子供が産まれると、まず悩みの種になる“泣き”。

赤ちゃんのうちはまだ授乳の間隔も短く、頻繁に泣くことから寝不足状態が続くお母さんも多い。

あまりにも泣き方がひどいと、近所迷惑になっていないかと萎縮してしまう人もいるのではないか。

Twitterユーザー・あおき ひでみつ‏さん(@aoking_8327)は4ヶ子供がおり、やはり泣きが大変だという。

妻と二人で必死にやりくりしているそうだが、そんな中以下のようなポストに入っていたそうだ。


現在、4カ子どもを妻とマンションで育てています。泣き等、大変ですが二人で必死にやりくりしています。そんななか、本日、以下のようなポストに入っていました。とても悲しい思いをしました。 pic.twitter.com/z1o92ungFt

— あおき ひでみつ (@aoking_8327) 2017年10月10日

警察へ連絡しますよ。」

そう、“虐待”をしていると疑われたそうだ。

必死に子育てをしている人にとって、このような言葉は悲しいとしか言いようがない。

生後4ヶともなると、泣きがひどくなり始める頃。

虐待ニュースを頻繁に聞くようになり、周りも敏感になっているのかもしれない。

では、どのような対策を取るべきか、Twitter上の反応をご紹介しよう。

Twitterの反応

泣きの赤ちゃんうるさい!黙らせろ!」じゃないので、確認だろうと思ったのです。
見ず知らずだと過剰に悪い方に想像が働いてしまうと思うので。
マンションの管理人さんに連絡入れつつ、顔をあわせたほうがいいんじゃないかなと感じました。

— しお。 (@shio_think) 2017年10月10日

脅しですね。これ以上泣きが続くようなら児童虐待として警察通報する、と。気にかけているのではなく。話がややこしくなる前に管理会社を通して相手に事情説明をする、再度同じような投があれば一度警察に相談しておく、等打っておくべき手はあるかと思います。

— merlot (@jazzyaja) 2017年10月10日

第三者にはそれがただ赤子が泣いているだけか
虐待なのかわからない。
ただ、書くならもっと心にそった書き方というものがあり
この方はそれが欠如しています。
でもどうかそこに傷つくのではなく、ご近所が関心ではない事に喜ぶべきです。赤ちゃん連れて挨拶しに行ったらいいと思いますよ。

— tyler / (@tylergenecom) 2017年10月10日

はじめまして残念ですがこういう人はいますよね対処としては、管理人さんクレームが入ってないかの確認はいっていたら、管理人さんに相談してみる感じですかねあとは、このような用を入れられるのが続くなら警察に相談ですね、脅迫とも取れるので拠は残しておきましょう

— グラハム (@syatyosann) 2017年10月10日

謝る必要なんてないですよ。赤ちゃんは泣くことでコミュニケーションをとっていますし。泣かせないよう必死になる必要もないです。赤ちゃんとの生活は今だけの重な時間ですし、様と赤ちゃんと3人で楽しく暮らしてくださいね。しかしこの酷いメモは管理人さんには伝えた方がいいかもしれませんね。

Nami (@nami_nursing) 2017年10月10日

子育て中なので泣きが辛いことはじゅうぶん承知してます。ただ、周囲の理解は当たり前ではないと思います。子育て経験者にしかわからないことは、子育てと縁の人にはわからなくて当たり前。この方ももう少し言い方があったとは思いますが、悲しいと言うだけでなく他に考える事があると思います…。

momo (@momoxxxxxna) 2017年10月10日

自分だったらどうするか、
赤ちゃんの泣きはしかたがないものだと思っているが、
世の中騒音に感じる人も中にはいる。
謝らなくていいと言う意見も理解できるが、私だったら、これからも長く住むのなら、(一応このメモを持って)頭を下げにまわると思う。

— dwerianna (@dwerianna) 2017年10月10日

FF外から失礼します。
現在8ヶになる子供を育ててます。出産後1ヶでマンションに戻りましたがその際に上下左右にお菓子を持って挨拶に回りました。泣きはもちろん姿が見えないだけで泣いたりもしますが今の所苦情のようなものは頂いてないので1度挨拶回りをされてみてはいかがでしょうか?

— 大河@がんばる (@yuka619323125) 2017年10月11日

あなたはどう思っただろうか?

近所付き合いを円滑にするためにも、一度は挨拶をしておくといいのかもしれない。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterツイート埋め込み機を利用して掲載させていただいております。

虐待だと思われた!? 子供の夜泣きに奮闘する夫婦に届いた一通の手紙が心無い…