埼玉県の東武動物公園で飼育されていたフンボルトペンギンのグレープ君(21歳)が10月12日に亡くなった。グレープ君は、体調不良のため11日から静養していたが、12日14時30分ごろに静かに息を引き取った。死因は現在調査中だという。

画像をもっと見る

東武動物公園では、6月までアニメ「けものフレンズ」とのコラボイベントを開催し、擬人化した動物「アニマルガール」のパネルをモデルになった動物の周辺に展示していた。グレープ君は、設置されたフンボルトペンギンのフレンズ「フルル」のパネルに夢中。パネルの前でじっと見つめたり、寄り添うように佇んだりと、毎日のように「フルル」のそばで過ごすことから人気を博していた。コラボイベント終了後も、グレープ君のために「フルル」のパネルは撤去されておらず、入院の際も一緒に移動していた。


東武動物公園は、来場者のこれまでの応援に感謝にするとともに、「『けものフレンズ』とのコラボイベント開始以来、グレープ君を最後まで見守ってくれた『フルル』もありがとう。」と亡くなるまで「フルル」も一緒だったと報告した。

グレープ君とフルル