『けものフレンズ』のキャラクター・フルルに恋してるのでは?としてネット上で話題を呼んだ東武動物公園のフンボルトペンギン・グレープ君が12日、亡くなったことが分かった。

 東武動物公園の公式Twitterは「フンボルトペンギンのグレープ君が昨日亡くなりました。これまで応援してくれた皆様本当にありがとうございました。また、グレープ君を最後まで見守ってくれたフルルもありがとう。そして、グレープ君長い間ありがとう。天国でゆっくり休んでね」と伝えている。

 東武動物公園は今年4月から数回にわたって大人気テレビアニメ『けものフレンズ』とのコラボ企画を実施。企画の一環でグレープ君のそばに同じフンボルトペンギン・フルルのパネルを設置したところ、その場からまるでフルルに恋したかのように離れなくなる姿が話題となっていた。

 グレープ君は11日から体調を崩していたようで、同日の展示が中止に。フルルのパネルも一緒に移動され大事を取っていたことが動物園の公式Twitterで報告されていた。

 これを受け、フルルに声を吹き込んだ声優の築田行子もTwitterを更新し「フルルを好きになってくれてけものフレンズを一緒に盛り上げてくれて本当にありがとう。こんなに早くお別れが来てしまうとは思ってなかったので寂しい気持ちでいっぱいですが、天国に行ってもフルルのことを見守ってて欲しいなと思います。グレープ君のご冥福を、心からお祈り申し上げます」と悲しみの投稿。さらに一緒に作品を盛り上げた“フレンズ”として、けものフレンズの公式Twitterも「コラボイベントにもご出演いただき、たいへんお世話になりました。フルルと並んでくれた愛くるしい姿、深く心に刻まれております。どうか安らかにお眠り下さい」とコメントを寄せた。

フンボルトペンギンのグレープ君が昨日亡くなりました。これまで応援してくれた皆様本当にありがとうございました。また、グレープ君を最後まで見守ってくれたフルルもありがとう。そして、グレープ君長い間ありがとう。天国でゆっくり休んでね。#東武動物公園 #けものフレンズ #グレープ君 pic.twitter.com/PfjoJVyiuA— 東武動物公園【公式】リュウくん (@tobuzoo7) 2017年10月13日