新ドラマ「オトナ高校」の一場面=テレビ朝日提供
MANTANWEB

 俳優の三浦春馬さん主演の連続ドラマ「オトナ高校」(テレビ朝日系、土曜午後11時5分)が14日からスタートする。異性と性体験のない30歳以上の男女が有無を言わさず入学させられるという「オトナ高校」が舞台の“学園ドラマ”で、三浦さん演じる東大卒のエリート銀行員ながら女性経験ゼロの主人公・荒川英人が、55歳で同じく経験無しという英人の上司(高橋克実さん)、男性経験ゼロの32歳キャリアウーマン(黒木メイサさん)といった“クラスメート”とともに“卒業”を目指して成長していく姿を描く異色作だ。

【写真特集】まさか! この人も経験ゼロでクラスメートに…

 ドラマは、エリート銀行員ながらプライドが高すぎて“残念な男”になっている英人が、深刻な少子化問題に歯止めをかけるために設立されたオトナ高校に入学し、さまざまな年代、タイプの“恋ヘタ学友”らと悩みを分かち合って成長していくという物語。ドラマ「ウォーターボーイズ」シリーズなどを手がけた橋本裕志さんのオリジナル脚本。バラエティー番組「SmaSTATION!!」が放送されていた土曜午後11時台に新設されるドラマ枠「土曜ナイトドラマ」の第1弾となる。

 6月に第2子を出産し、今作がドラマ復帰となる黒木さんは、商社で働くキャリアウーマンで上司と不倫をしているものの男性経験ゼロという園部真希役。高橋さんは「最近は女に飽きた」などと豪語していたが、実は女性経験がないトップバンクの部長で英人の上司・権田勘助役で、いずれもオトナ高校に入学させられ、英人と“クラスメート”になる。また、オトナ高校の“毒舌スパルタ教師”の山田翔馬(ぺがさす)を竜星涼さん、経験豊富な“エロ小悪魔教師”の姫谷さくらを松井愛莉さんが演じるほか、山田真歩さん、夕輝壽太さん、杉本哲太さん、正名僕蔵さんらも出演する。

 初回は、トップバンクで将来を嘱望されるエリート行員の英人が、見知らぬ男・嘉数喜一郎(杉本さん)からピンクの書状を渡される。それは、異性との経験の無い30歳以上の男女が本当のオトナになるための英才教育を受けさせる公的教育機関・オトナ高校への入学召喚状で、英人は「おいいいいい! 何で知ってんだよ、国家ぁぁぁぁぁ!」と激しく動揺し、断固拒否しようとするが、入学を拒否すれば逮捕、服役などの罰則があるといい、入学期日までにオトナ高校の卒業条件である異性体験を達成しようと画策する。

 しかし、現実はあまりにも厳しく、とうとう入学の日がやって来る。そこには男性経験ゼロのキャリアウーマン・園部真希ら30代、40代はもちろん、英人の上司である50代の生徒・権田勘助の姿まで。英人は自分のことは棚に上げ、他の生徒らを見下しながら、授業を受け始めるが……という展開。

全文を表示