~ビジネスマンのための一目おかれる酒知識 第10回焼酎編その1~

 ビジネスマンであれば、酒好きでなくても接待や会食で酒に親しむ機会は多いです。そして多くの人は「それなりに酒に詳しい」と思っているはず。しかし、生半可な知識、思い込みや勘違いは危険。飲み会の席で得意げに披露した知識が間違っていたら、評価はガタ落ちです。酒をビジネスマンのたしなみとして正しく楽しむために「なんとなく知っているけどモヤモヤしていた」疑問を、世界中の酒を飲み歩いた「酔っぱライター」江口まゆみがわかりやすく解説します

◆焼酎の甲類は質の悪い酒?

 量販店で見かける大容量のペットボトルに入った透明な酒。しかも4リットルで2000~3000円と激安です。

「こんな酒は科学的にアルコールを薄めただけのまがい物に違いない」

と思っていませんか?

 この酒が焼酎の甲類ということは、ご存じですよね。

 焼酎には甲類と乙類があり、連続式蒸留機で蒸溜した焼酎を甲類、単式蒸留機で蒸溜した焼酎を乙類といいます。甲類と乙類は、2006年に呼び名が変わり、甲類は連続式蒸留焼酎、乙類は単式蒸留焼酎となりましたが、甲類と乙類の名称も併用されているので、ここでは馴染みのある甲と乙を使うことにします。

 乙類焼酎は、原始的な単式蒸留機で蒸溜するので、原料の芋や麦の香味がしっかり出ていて、個性的なのが特徴です。

 一方、甲類焼酎の原料は、糖蜜や、サトウキビ、トウモロコシ、麦、米などです。糖蜜の場合は、酵母を加えて発酵させ、そのもろみを連続式蒸留機でアルコール度数97%ギリギリまで蒸溜し、36%未満まで下げて商品にします。アルコールと水以外の不純物はすべて取り除かれるので、甲類焼酎はアルコールの甘みと香りのするピュアな味になります。

 以前グレーンウイスキーの回で説明したように、イギリスでカフェ式の連続蒸留機が発明されたのは1830年のことでした。では日本に連続式蒸留機が入ってきたのはいつのことでしょうか。それは1895年(明治28年)頃だそうです。

 そして明治43年には、愛媛県宇和島の日本酒精という会社が、干し芋を原料にして、連続式蒸留機で蒸溜した日本で最初の甲類焼酎を発売しました。これは「ハイカラ焼酎」と呼ばれ、品質が良く安価なため、大人気となったのです。

 乙類焼酎の品質が上がり飲みやすくなったため、焼酎ブームが起きたのは2003~2004年。それ以前の乙類焼酎は飲みにくかったとすると、明治末頃の乙類焼酎は、かなり個性が強く、香りや味にもクセがあったのではないかと思われます。そこへピュアで飲みやすいアルコールが発売されたのですから、大評判になるのもわかります。

 戦後すぐの1948年頃から、甲類焼酎をビール風飲料で割って飲む飲み方が生まれ、ビールの代用品として親しまれました。ホッピーの誕生もこの頃で、当時はホッピー以外にもビール風飲料がたくさんあったのですが、最も大衆に支持されたホッピーだけが、現在まで生き残っているというわけです。

 ホッピーを割る甲類焼酎は、キンミヤ焼酎が最も合うといわれていますが、それは味がまろやかで口当たりが良いからだとされています。また、ホッピーが流行った戦後の焼け跡で飲まれていたのが、キンミヤ焼酎だったからだという説もあります。

◆様々な個性が楽しめる甲類焼酎の進化

 どちらにせよ、大容量のペットボトルに入っている甲類焼酎はほんの一部で、全国に甲類焼酎を製造している会社は60社以上あるのです。多くは清酒や乙類焼酎をつくっている地方の酒蔵で、私はそんな蔵のひとつを訪問したことがあります。

 巨大な連続式蒸留機は、マンション一棟分くらいありました。蔵元と一緒に階段を上って最上階まで行くと、そこからは清酒蔵の全貌が見渡せました。そのとき蔵元は「もう連続蒸留機は売って甲類はやらないつもりです」と言ったのです。理由は、大手メーカーとの価格競争に対抗できないからだということでした。

 キンミヤのようにホッピーと手を組んでブランドイメージがはっきりしている甲類はいいとして、全国の小さな甲類たちはこれからどうなるのだろうかと、心配になった瞬間でした。

 連続式蒸留機にもいろいろな種類があります。カフェ式以後の技術革新はすさまじく、カフェ式の単純な蒸留塔ひとつの構造は、複雑で不純物を取り除く精留塔を多く備えたアロスパス式へ、そして現代のスーパーアロスパス式へと進化しました。

 現在多くの甲類メーカーが採用しているのが、スーパーアロスパス式とのことです。不純物の抽出分離を極限まで効率化しているので、より磨きのかかったアルコールを、効率的かつ安価に抽出することができるのです。

 酎ハイブームの頃は、どうせ割ってしまうのだからとなるべくクセのない甲類が喜ばれましたが、今は甲類も個性化の時代だといいます。それは、1974年のホワイトレボリューションに端を発しています。このときアメリカでウォッカの消費がバーボンを抜き、世界的に無色透明の酒が流行したのです。

 日本の甲類も「この流れに乗らなくちゃ」と、従来のピュアな甲類焼酎に、樽貯蔵した甲類焼酎をブレンドした商品などを生み出しました。そのほか、精留をおだやかに行って原料の風味を残すようにしたものや、糖類やクエン酸、酒石酸なども加えて良いことになっているので、それらを加えるもの、反対に無添加を謳うものなど、じつは各メーカーで少しずつ味の差別化を図っているのです。

 私は大容量ペットボトルの甲類焼酎を炭酸で割って、ポッカレモンを少し入れて飲むのが好きです。でも、古い下町の居酒屋や旅先などで、まったく知らない甲類焼酎に出会ったときは、そちらを飲みます。少し高いかもしれませんが、大手メーカーとはまた違った味わいがあると思うからです。

【江口まゆみ】
神奈川県鎌倉市生まれ。早稲田大学卒業。酒紀行家。1995年より「酔っぱライター」として世界中の知られざる地酒を飲み歩き、日本国内でも日本酒・焼酎・ビール・ワイン・ウイスキーの現場を100軒以上訪ねる。酒に関する著書多数。SSI認定利き酒師、JCBA認定ビアテイスター