2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、マスコット審査会(座長=宮田亮平・文化庁長官)による2次審査を行い、16件残っていた候補作品を最終候補となる3件に絞り込んだ。3件の作品は商標調査などを経て、12月上旬に公表される。12月11日から全国の小学校で投票を行い、各クラス1票で最も得票の多い作品が選ばれる。発表は来年2〜3月の予定。審査会の夏野剛・慶応大特別招聘(しょうへい)教授は「日本らしいクオリティーが高いものになった。ゆるキャラより、ゆるくなく、しっかりデザインされている」と3作品を評価した。

全文を表示