希望の党の小池百合子、民進党の前原誠司両代表は13日、東京都内でそろって街頭演説した。衆院選公示後、両氏が一緒に演説するのは初めて。前原氏は、民進党出身前議員の希望の党への合流について「今回の大きな塊をつくる合流は安倍1強政治を倒すためだ。今の政治の流れを変えていかないといけない」と訴えた。

 前原氏と握手を交わしてからマイクを握った小池氏は、「前原氏は日本政治を大きく動かす立役者だ」と持ち上げ、「決断に心から敬意を表し、希望の党の候補者を勝ち抜かせたい。安倍1強政治を続けさせてはいけない」と呼び掛けた。

 一方、安倍晋三首相(自民党総裁)と公明党の山口那津男代表も13日、鹿児島市内で街頭演説した。首相は「国民の命、幸せな生活を守り抜くことができるのは自民党、そして公明党だ」と強調。山口氏も「自民党のエンジン、公明党のエンジン、両方がそろって安定した政治を進めることができる」とアピールした。 

全文を表示